寝取られ

【体験談】わたし、親友の彼氏と浮気してます

親友の彼氏と

結婚前提で付き合っている彼氏がいるが2年以上もHをしていない投稿者。親友と親友の彼氏が泊まりに来て、親友の彼氏とHな話になり、そのまま・・・・

男に飢える女

当時、私には結婚を前提にした付き合いの同棲中の彼氏がいましたが、その彼とはもう2年以上エッチしてませんでした。

彼は性に対して大変消極的で、遠回しに話をしようにもはぐらかされてしまい本音を話し合う事も出来ず・・・女としての自信をただ無くしていくだけの日々が続いてました。

そんな私には、付き合いが10年以上続いている親友がいます。

お互い腹を割って話せる相手として色々な事を話してきました。

ですが・・・流石に彼氏との性生活に関してだけは相談出来ず、1人で悩んでいました。

趣味が共通する事から、親友(以下綾子)&親友の彼氏(以下大山氏)と私の彼氏(以下浩太)&私(以下里美)の、4人で遊ぶ事も多くあり、その時に見た感じでは、綾子と大山氏はとても良い雰囲気でした。

ところがある頃を境に、仕事で忙しい綾子本人からも頼まれる形で、大山氏の相談役を引き受けたのです。

そして大山氏からメールで相談を受けるようになりました。

「綾子と会う機会が少なくなって、うまくやっていけるか不安だ」と。

そしてある日の事。

私の彼氏が実家に帰省したため、数日間1人で留守番する事になり、心配に思ったのか、綾子と大山氏が2人揃ってうちに泊まりに来ました。

お酒を飲んだりお喋りしたりして過ごし、夜になって私が3人分の布団を用意していたら、綾子が「1人で別室で寝たい」と言い出したのです。

元々不眠気味の綾子は、落ち着いて寝たいからと言っていましたが、大山氏はいまいち納得出来ていない様子でした。

結局その夜は綾子だけ別室、私と大山氏が同じ部屋で並んで寝る事になりました。

横に並んで布団に入ったものの、大山氏はなかなか寝付けないようでした。

「自分は綾子にまた拒否されたんじゃないか?」そうポツリ、不安を口にしました。

綾子の性格を知っている私は、「そうじゃないよ」と励ましましたが、大山氏本人もそれを薄々理解していて、それなのに綾子の気持ちを疑ってしまう自分が嫌だと言うのです。

話を聞きながら私は、大山氏の言葉に私自身を重ねていました。

私の悩み・・・身体を全く求められない事で、女としての自信も愛されている自信も無い。

誰にも打ち明けた事が無い悩みを、気付けば大山氏に打ち明けていました。

男女の間柄である大山氏に、彼氏とのセックスがないという事実を話すなんて。

誘われてると思われても仕方の無い話なのに、大山氏はただじっと耳を傾けてくれていました。

「魅力がないなんて・・・そんな事はないよ。絶対。俺だって、その・・・綾子と付き合ってなかったら・・・・・・」

「ダメ。それは絶対言ったら駄目。綾子を泣かすような真似したら私怒るからね?・・・でも、・・・冗談半分に聞いておくよ。ありがとね」

そう返しながらも、大山氏の言葉が本当に嬉しかった。

社交辞令や建前だと分かっていても、それでも心に染みて涙が零れました・・・。

「・・・自信、持って大丈夫だからさ。里美さん(私)なら大丈夫」

大山氏はそれだけ言って、お互い物思いに耽るうちにいつの間にか寝てしまったようです。

朝になって私が目を覚ますと、布団に横たわったままの大山氏が視界に入りました。

ボーッと考え込んでいる様子で私が起きた事にも気付いてない様子。

私「おはよう、眠れた?」

大山氏「ううん、あんまり」と困った顔をしていました。

私「・・・起きてたなら、リビング、行かないの?」

大山氏「さっき少し覗いたら、綾子がまだ寝てたからさ。そっとしておこうと思って」とそわそわしている。

私「そっか・・・」

お互いに寝る前の悩みについては触れずに、他愛のない話を交わしてました。

元々軽いノリで何でも話す方なので、少しエッチな話程度はよくしていたし、雑談の時はたまにそういった話も混ざったりします。

この時もそんな軽いノリで、エッチ方面の雑談になって・・・。

大山氏「そういや思うんだけどさ・・・」

私「うん、なになに?」と何か期待しながら聞く私。

大山氏「里美さんって、胸大きいよね(笑)」

私「えっ?!そうかな・・・そんな事ないと思うんだけど・・・」と恥ずかしくなってしまった。(実際そんなに大きくは無いです)

大山氏「綾子より大きいんじゃないかなぁ。触ったら気持ち良さそう(笑)」

私「比べないでよ、もう・・・触るのもだめーっ(笑)」とちょっとHな気持ちになります。

大山氏「ちぇ、こっちだって健全な男子だからそういう欲求あるんだよ?」

私「(少し真面目に)それは分かるけど、綾子の彼氏だもん・・・」

これ以上は綾子との関係が壊れる。

大山氏「そんな真顔で言わなくても。冗談だってば(笑)」

お互いに冗談を冗談と受取るから成り立つじゃれ合い。

こんな感じで、しばらくは口だけでじゃれあっていたのですが、大山氏「俺は綾子一筋だし!里美さんに魅力が無いとかじゃなくて、綾子以外のは触らないよ。っていうか綾子でしか勃たないし!!」

少しムキになりつつ言う大山氏がちょっと可愛くて、また同時にそれだけ言って貰える綾子がちょっと羨ましかったのもあるかもしれません。

つい、こんな事を口走ってしまいました・・・。

私「ほんとかな~?じゃあ・・・ちょっとだけ触ってみる?(笑)」

半分は冗談、半分は・・・多分別の感情だったと思います。

最初は「絶っっっ対触らないっ!(笑)」と笑ってた大山氏でしたが、挑発するかのように「触れるものなら触ってみていーよぉ?」とか言ってた。

大山氏「・・・そんな事言うと、ホントに触るよ?」

私「いいよ?(笑)」と煽り立てる。

大山氏「・・・ほんとのほんとのほんとに触るよ?」

私「・・・う・・・嘘は、言わないよ・・・でも、ちょっとだけだよ?」

ちょっとだけならいいよね。

大山氏「・・・・・・・・・本当に、いいんだね?」

私「・・・・・・ちょっとだけ、・・・だよ?」

焦らされて体が熱くなってくる。

大山氏が私の寝ている布団を目がけて少しずつ手を伸ばしてきた。

ゆっくり・・・ゆっくり・・・布団に触れ、中に手を潜らせ、・・・・・・彼の手が、私の胸に、触れた。

久しぶり過ぎて忘れていた温かい感触が胸を優しく包み、はあぁっ・・・と深く息をつきました。

軽く力を加えられ、そっと優しく、彼の手で揉まれる胸。

お互いに何も言わず、時間だけが流れる。

どれだけ経ったか分かりませんが、沈黙を破ったのは私。

「ね、ほら・・・触ったから、もう・・・、いいよね・・・?」

でも大山氏は止めない。

全体を手の平で包むようにしていた指が少しずれて、胸の中心を、着ていたキャミごと指で摘む。

ピリピリと心地良い刺激が与えられて、段々息が上がってくる。

「だ、だめ・・・だよ・・・ね、ほら・・・お願い・・・」

胸に触れる大山氏の手首を掴む。

でも、大山氏の手を離せなかった。

大山氏の触り方はどんどんいやらしく触ってきます。

私はもう、快楽の波に呑まれていて、力を入れる気になれなかった・・・。

「もう・・・ごめん、俺、我慢出来ないよ・・・綾子、浩太さん、里美さん、ごめん・・・ごめん・・・」

大山氏は謝りながら、でも手は確実に私の気持ち良いポイントを探り当て、責めてくる。

「里美さんも、浩太さんとしてなくて・・・1人でしてるって、言ってたよね・・・今日のこの事は、俺と里美さん、2人だけの秘密。誰にも言わないから、だから、一緒に気持ち良くなろ・・・?」

大山氏はそう言いながら、私の布団の中に入ってくるとキャミの中に手を入れ直に胸を触ってきた。

乳首を指で摘ままれてコリコリされると、もう完全に私の理性は吹き飛んでしまった。

親友の彼氏という大山氏と、男女の行為に及んでいる。

その背徳感にクラクラして気持ち良い事しか考えられなくなっていました。

大山の手が段々下にずれていき、スウェットパンツの中に進入・・・。

いけないと分かっていながらも女としてもう我慢出来なくなっていました。

久々の刺激、そして背徳感からいつも以上にアソコは濡れてしまっていました。

そして下着の上から、割れ目にそって上下に撫でるように指を這わせてきました。

まるで、そこの具合を確かめるかのように。

「・・・表面まで、ヌルヌルしてるよ・・・?そんなに、感じてるんだ・・・」

耳元で囁く大山氏の声にも身体が反応してしまう・・・。

「ここに、俺のを挿れてあげようか・・・」

つぷ・・・と大山氏の太い指が遠慮なく沈められ、漏れそうになる声を必死で堪えてる私の中を、クチュクチュと出し入れする・・・。

久々に男性の指が入っただけでイきそうになってしまう。

「このままイかせてあげるね・・・」

大山氏は一旦指を引き抜いたかと思うと、体勢を変えて、私の下半身を覆うものを取り払い、晒された部分に顔を近づけ、指をじゅぷ・・・と再度沈め、クリを舐めながら激しくかき回された私は、イってしまいました・・・。

久々に男性にイカせてもらえて凄く幸せな気持ちで、自然と涙が流れました。

しばらくして呼吸が整ってくると、大山氏が私の顔の前にアレを出してきました。

「ふふっ、勃たないとかって、うそつき・・・」

私が微笑むと、大山氏はバツが悪そうに「里美さんが可愛いからだよ」

お世辞だろうな、なんて考えながら。

「あのさ・・・これ、舐めるのって、した事ある?嫌なら、強制はしないけど」

興奮が止まらなくて早くかぶりつきたかった。

「・・・ん、いいよ。舐めてあげる」

まずは竿に片手を添えて、先っぽにちゅ、とキスする。

私のクセ。

亀頭は我慢汁が溢れていました。

添えた手を軽く握りながらいきなり袋の方を舐めると、驚きつつ喜んでくれたみたい。

「綾子はそんな所まで舐めないから・・・」

「綾子の事は、今は言わないで」

今は私だけを見て欲しい。

「ん・・・」

しばらく舐めていたら我慢出来なくなったのか、大山氏が「中・・・挿れたら、まずいよね?」と聞いてきた。

「生理不順でピル飲んでいるから大丈夫」と言うと大山氏は嬉しそうに覆い被さってきた。

親友の彼氏とエッチをしてしまう・・・完全に一線を越えてしまうが、ここまで来るともう止められるはずもなく、むしろ私も入れてほしいと望んでいた。

正常位の形で大山氏のが入口にあてがわれて、ゆっくり・・・中に、押し進められる・・・。

久々に道具以外のものを咥えて、私の身体全体が喜んでいるかのようだった。

「大丈夫?動くよ・・・一緒に、・・・気持ち良く、ね・・・」

ずぷっ、ずぷっ、とリズミカルに腰を打ち付けられると思わず声が出そうになる。

唇を唇で塞がれて呼吸が苦しいのすら快感で、一心不乱に行為に没頭する。

「そろそろ出すよ、どこに欲しい?お口に出していい?」

いいよ、と答えると激しいスパートの後、引き抜かれて口に出してくれた。

精液を出されながらアレを口に含み、ちゅぅ、と軽く吸い、全部飲むと大山氏は満足げに微笑みながら「里美さんって・・・いやらしいんだねぇ」と、荒い息と共に耳元で囁いた・・・。

綾子と大山氏がその後、夜の方が上手くいってるかは聞いてませんけど、私達はそれ以来定期的に秘密で会うように。

未だに罪悪感よりも、気持ちの良さとかそういう方が強いです。

親友失格ですね・・・とは言え、現在の4人の関係を壊すつもりは無いので、大山氏とはあくまで身体だけの付合いと割り切ってます。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。