Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
OL お姉さん

【体験談】女一人の温泉旅館巡り、2泊3日犯され続けた私

旅館での強姦被害

連休を使って一人で温泉旅を満喫していた投稿者。初日の夜、宿泊客の男性に誘われて飲みの席に加わることになったのだが・・・・
レイプされる女の子
36歳独身OLです。

旅行好きの私は、この前のGWも一人で2泊3日で温泉に行ってきました。

本当にレイプかと言われると何とも言えないので、ここに書いて良いものかどうか解りませんが、とりあえずその時のことをお伝えします。

色々観光をして夕方に某温泉旅館に着いた私は、温泉に入り、部屋で夕食を取ってからまた温泉に入るといった、いつものお決まりパターンで癒されていました。

お風呂から出て、休憩所で休んでいると、30前後の男性3人組が私に声をかけてきました。

最初は無視をしていたのですが、お酒の入った後のお風呂で気分良くなってきたということもあり、一人の男性がビールを持ってきたのをきっかけに、色々会話をするようになってしまいました。

1本飲み終わったところで、部屋で飲もうということになり、誠実そうな男性だったので少しだけということで了承しました。

しかし、浴衣の中は下着を何もつけていないので、一度部屋へ戻りパンツとブラを着けて彼らの部屋へ行くことにしました。

今思えば、あり得ない話ですよね。

男の人3人のところへ行くなんて、どうにかしてました。

彼らの部屋へ行くと、ビールや焼酎、ワインなど色々置いてありました。

お姫様状態で迎えられ、接待されてるような感じでした。

気分良くドンドン飲まされていった私は、酔いが回ってきて横になったとき、「帯を緩めた方が楽になるよ」と、帯を解かれ布団に寝かされました。

何か3人で話をしていているので、まだ飲んでるのかなとか思いながら意識が遠のいていきました。

どれくらい経ったか分かりませんが、目を覚ますと、ちょうど誰かが私のブラを外している場面でした。

酔って動けない私はされるがままで、拒否も出来ません。

おっぱいを触られ、パンツも脱がされてしまいました。

お酒で意識朦朧ですし、もうどうでも良いかなと思いされるがまま。

すると、一人が挿入してきました。

「おっ、ババアの癖に結構締まるぞ」等の屈辱的な言葉を浴びせられながら、犯され続けました。

一人目、二人目はイクときに口に出され飲まされました。

三人目はおそらく中で出されたと思います。

私はそのままグッタリとして、また寝ようと思っていると浴衣を着させられ、精子が垂れてくるからとパンツも穿かされました。

連れて行かれたところは、貸切風呂でした。

そこで、アソコを洗われていると、尿意が催してきて、トイレに行きたいことを伝えましたが、逆に目の前でしろと言われました。

一人男性が寝ている上に跨いで、おしっこをさせられました。

その後、お風呂に浸かっていると、そこでまたHが始まりました。

今度は意識がはっきりしてきていたので気持ち良さが鮮明で何度もイカされ、「さっき一度中出ししているから良いよな?」と言われ全員に中出しされました。

また部屋に戻ってからも飲みながらのHが始まり、もうその頃にはしたいのならいつでもどうぞといった感じの私。

調子に乗った男達は「記念撮影しよか!」とスマホで撮影まで始めました。

代わる代わる挿入され、気が付いた時には朝になっていました。

チェックアウト前にまたみんなで貸切風呂へ行き中出しされ、彼らは帰って行きました。

私は2泊するので、自分の部屋戻り少し寝てからお昼頃に近場の散策に出かけました。

15時頃また旅館へ戻り、お風呂に入りました。

前日の寝不足や疲れが取れておらず、夕食まで時間があるため一度寝ることに。

夕食前には起きようと、食事前にマッサージを呼ぶことにしました。

チャイムを目覚まし代わりにして寝ました。

遠くで私を呼ぶ声がして目を覚ますと、入口の襖から顔を出してマッサージの方が私を呼んでいました。

どうやら、何度呼び出しても反応がないので扉を開けて中の様子をうかがっていたみたいです。

まだ寝ぼけている私は、そのまま中に入ってもらい、半分眠った状態のままマッサージを始めてもらいました。

手、腕、背中、足とやっていく中で、徐々に浴衣の上からではなく、直に足を触りだしてきました。

そして仰向けになる際、裾がはだけた時にハッと気が付いたのですが、浴衣の中は何も着ていない状態でした。

恥ずかしいやらどうしたらいいのやら悩みながら、寝たふりをしていました。

今までもしかしたら見られていて、その人はノーパンだと気づいていたのかもしれません。

そう思うと濡れてきてしまって、それに加え男性も徐々に触り方がやらしい手つきになってきて、太ももをマッサージしながら上へ手が来たころにはアソコが丸見えになっていたと思います。

そしてついに帯をほどき出し、全身丸見えの状態にされました。

私は何も出来ずまた寝たふりをしていると耳元で「濡れてますよ」と言われ、顔が真っ赤になりました。

それを見て男性がアソコを舐め出すと、一気に感情が高まりすぐにイキ声を出してイってしまいました。

そして、ペニスをアソコにこすり始めます。

男性のペニスは既にギンギンになっていました。

私は断りましたが、「素股だけだから、絶対挿入しないから」と言われ渋々承諾。

男性はしばらく正常位素股で感じているようでした。

仰向けで足を閉じて擦っていると、今度は上になってしてほしいと言われ上に乗りました。

素股とかやったのは初めてで、どう動いて良いか分かりませんでしたが、入れられないようにしながら、彼のペニスを股に挟んで擦りました。

するとペニスがクリトリスにあたって、私も少し感じてしまいました。

私が腰を動かすタイミングに合わせて自分でおちんちんの位置を指でズラし、アソコに挿入してきました。

抜こうとしましたが、ガツンガツンと腰を上下に振る激しさにまたイッてしまいました。

ここまで受け入れてしまうと、後はもうされるがままの状態です。

そして正常位のまま男性は中でたっぷりと出され、そそくさと部屋を出て行きました。

まさか2日続けて犯されるとは思ってもみませんでしたが、いっぱいイってしまいました。

私は裸のままぐったりしていると、仲居さんが食事を持ってきて、慌てて浴衣を着て、何もなかったように隅っこの座椅子に座っていました。

アソコから垂れてくる精液で浴衣を濡らし、座布団まで濡らしてしまってしまい動くに動けずでいた私でした。

今回のお休みは、犯される日々。

過ぎてみれば犯されるのは嫌きでない自分に気付きました。

同じような女性いますか?

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA