Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
寝取られ

【体験談】鬱勃起!最愛の妹に目の前でセックスを見せつけられた日

妹のセックス観察

最愛の妹と幼い頃から行動を共にしてきた投稿者。ある日をキッカケにその関係にも陰りが見えだし、代わりに妹はある男と親密になっていく・・・・
寝転ぶ妹
僕には一つ下の妹(みほ)がいます。

性格は僕と正反対で活発でイロイロな事に興味を示すような奴です。

そして僕には二つ上の隼人と言う従兄弟がいます。

隼人は僕の家のわりと近くに住んでます。

隼人は一人っ子でしたので、僕達は互いの家を行ったり来たりしながら頻繁に遊んでました。

僕が中1の時の休日でした。

隼人から電話がかかってきました。その時、みほが電話を取りました。

『お兄ちゃん、今から隼人の所に行かない、なんかわかんないけど、面白いものみせるんだって』

隼人の父(おじさん)は出稼ぎ行ってたし、母親は日曜日も仕事をしてたので暇を持て余してたようでした。

これが全ての始まりでした。

僕とみほは、とりあえずゲームとか持って隼人の家に向かいました。

家に入ると隼人は茶の間にいました。

みほが『隼人、面白いものってなあに? ゲーム?』

隼人が『そんなんじゃないよ、これ何か分かるか?』

隼人は一本のビデオテープを持ってました。

みほが『なあにそれ、面白いのが入ってるの?』

すると隼人『みほビックリするなよ』と言いながらテープをデッキにセットして再生ボタンを押しました。

言うまでもなくそれはアダルトビデオでした。

高校生ぐらいの女の子が大人の男性ともろにセックスしてました。

隼人はニヤニヤしながら『みほどうだ、すごいだろ?』

ハッキリ言ってみほは興味津々でした。

『わあ~すごいなあ~男の人と女の人ってこんな事するんだね。でもね、私分かるよ。セックスすると赤ちゃん出来るんだよね?友達から聞いたよ』

僕は初めて見るアダルトビデオに、なにか罪悪感を感じ直視出来ませんでした。

反面、みほは堂々としていました。

隼人が『みほ、もう生理とか来てるのか?』

『うん、私早いんだよ…五年生で来てるからね』

隼人が今度は僕に向かって『おい健太、お前もしっかり見ろよ! もう勃ったのか?』

『そんなんじゃないよ ところでこのビデオどこから持って来たんだよ』

『別にどこだっていいだろ、それより今見てるのは、みんなには内緒だからな!みほもいいな』

『もちろん内緒にするよ!でもお兄ちゃんうぶだからね』とちょっと馬鹿にしたようなウスラ笑いを僕に投げかけてきました。

ここまでは良かったのですが、隼人とみほはビデオ見ながら変な気分になって来たみたいでした。

みほが唐突に『ねえ、隼人私とキスしてみようか?』

えっ!と僕が思いました。

隼人が『本当にいいのか?』

『うん、いいよ…私隼人の事好きなんだよ』

爆弾発言でした。

『でも、健太がいるしな』

『別に構わないよ、ねぇ早くしようよ』

もう、二人の世界に入って、羞恥心などない様子でした。

やがて隼人とみほは寄り添いながら本当にキスを始めました。

そして徐々に舌を絡めていました。

僕の脇で二人は過激にもフレンチキスを始め、僕も心なしか興奮して来ました。

それ以上に隼人は興奮していたみたいで…

『みほ、もう我慢出来ないよ!ビデオと同じ事やらないか?』

『えっ? それってセックスの事?今日は心の準備出来てないし、次にしない?』

『だって俺我慢出来ないよ!』

『じゃあさ、隼人ズボンだけ脱いで』

隼人は言われるままズボンだけ脱ぎました。

白のブリーフを履いてましたが、すでにこれでもかと言うくらいパンツの中で勃起していました。

みほは積極的でした。

『ねぇ、お兄ちゃん、この事は絶対お母さんたちには内緒にしてね』

『…』

僕は唖然として返す言葉が見つかりませんでした。

やがてみほが隼人に『ねぇ隼人、そこに仰向けになって』と言うとみほがおもむろにスカートを脱ぎました。

みほは白いパンティを履いていました。

やがてみほは隼人のあそこら辺に局部を押し付けて行きました。

『隼人、赤ちゃん出来ると困るから、今日はこれで我慢してね』と言うと、下着越しに局部を押し付けながら性行為を始めました。

隼人は『あっ!あっ!』と小刻みに声をあげながら、本当に気持ち良さそうにしていました。

やがてみほが僕に向かって『お兄ちゃん、やっぱ恥ずかしいから、今日は帰って!』と言って来ました。

僕も突然の出来事で唖然として、なす術もなかったのでとりあえず家に帰りました。

僕も興奮していたので家に帰るとすぐに抜いていました。

みほは一時間くらい後に帰って来ました。

とてもあっけらかんとした感じですぐに僕の部屋に入って来ました。

すぐにみほは『お兄ちゃん、さっきの事は本当にお母さんたちには内緒だよ!』

僕はかなり動揺していたのですぐに返す言葉はありませんでした。

『ねえ、お兄ちゃん、あのあとどうなったか知りたい?』

『で、どうなったんだよ!』

『わっ!お兄ちゃん怖い顔してるよ! でも、私隼人の事好きだし、隼人も私の事前から好きだったんだって…』

『だから、どうしたいの?』

『出来れば将来結婚したい』

『お前馬鹿だなあ~そんな事…』

『馬鹿じゃないもん…お兄ちゃんもしかしてヤキモチ?』

思った事はバズバズ言うみほでしたが、はっきり言ってママゴトみたいなもので、すぐにほとぼりも冷めるだろうと僕は子供心に思ってました。

やがて2日くらいすると、隼人が僕の家にきました。

隼人は僕に向かってこう言って来ました。

その時、みほは家にいなかったと思います。

『健太、おれマジでみほの事が好きになったよ』

『えっ! で、この前、どこまで行ったんだよ』

『やっぱ俺我慢出来なくなって、みほのパンツ脱がしてマンコに俺のやつを当てがったら、すげ~気持ち良くて、すぐに出てしまったんだよな』

『…』

その時はそれで会話が終わりました。

それからと言うもの隼人とみほはベタベタ状態でした。

ある日、母親と俺とみほと隼人の四人でデパートに買い物に行った時、みほと隼人は終始手を繋いでいました。

それを見た母親は『あれ、あんたら夫婦みたいだね』と冷やかすと、みほは『そうでしょ! 私たち結婚するんだよね』とマジ顔で言ってました。

みほはしょっちゅう隼人の家に行ってるようでしたが、僕はほとんど行く事がなくなっていました。

その度にセックスもしていたと思います。

そして僕とみほの会話も次第になくなっていました。

そんな様子を母親はかなり心配もしていたようでした。

やがて冬休みを過ぎる頃になると隼人は受験の為、勉強浸けになり二人の交流は徐々に減っていました。

僕はこのまま二人の関係も終わるものと信じていましたし、正直隼人の受験失敗を願っていました。

その願いも虚しく、隼人は三月に地元ではわりと有名な公立高校に合格しました。

そしてすぐに春休みになりました。みほは中学に上がる前の春休みでした。

そして春休みに入ってすぐに僕は衝撃の現場を目の当たりにする事になりました。

その日僕は書店に行ってすぐに家に帰りました。

家には、みほしかいないはずなのに、隼人の靴がありました。

僕は激しい胸騒ぎと共に、異常なくらい悶々とした気持ちになりました。

僕はすぐに2階に上がって行きました。

静かな廊下とうらはらに、みほの部屋からは異様な声が響いていました。

僕が家を出たのが30分くらい前だったので、隼人はその間にみほの部屋に入り込み、セックスをしている様子でした。

どちらかの声とはわからない『あっあっあっ~ん』みたいに二人の声が入り混じってる様子でした。

僕はしばし聞き耳をたててましたが、僕自信悶々とした気持ちが絶頂になり、思わずみほの部屋のドアを開けていました。

そこには僕にはとても刺激的な二人の姿がありました。

隼人とみほは、立ちバックでセックスの最中でした。

よほど我慢出来なかったのか、みほのパンティと隼人のブリーフは、足首の所で中途半端に引っ掛かったような状態で、上は二人ともTシャツの状態でした。

僕がドア開けた瞬間、二人はかなりビックリしてましたが、みほは僕に向かって『お兄ちゃん! 今ダメ! いい所なんだから出ていってよっ!』と怒ったように言いました。

すると隼人が『みほ、もういいじゃないか、見られちまったんだから、もう健太にセックス見せてやろうぜ』

みほは目をキョトンとさせながらコクりと頷いていました。

隼人が『なあ、健太、お前もセックスに興味あるんだろ!見せてやるから、お前もムラムラを発散させろよ! その代わり皆には内緒だからな』

すると隼人はみほの後ろから再び腰を振り、ピストンを開始しました。

隼人はみほのおっぱいをシャツの上から揉みながら、腰を懸命に振ってましたが、『あ~みほ、俺、我慢出来ないよ』

『中出しは絶対ダメだよっ!』と言うと、隼人のピストンがだんだん早くなって行きました。

二人の結合部からはピストンの度に…ブチュブチュブチュ…と言う音が響いていました。

ただ二人の結合部は、みほのTシャツが長すぎ、邪魔してよく見えませんでした。

やがて隼人が『ウッウッ』と短く唸ると同時に射精したようでした。

やがて、みほのマンコから隼人のチンポが抜かれました。

驚いた事に、隼人のチンポは時間が経っても勃起したままでした。

みほは相変わらずあっけらかんとした様子でベッドに座りました。

僕もチンポを出して、自らも扱いていました。

やがてみほが僕に『お兄ちゃんも興奮してるんでしょ~でもお兄ちゃんのチンポは、隼人ほどじゃないし、乾被ってるじゃん』と生意気な事を言って来ました。

それにその時、僕はまだ毛が生えていませんでした。

かなり成長が遅れていたのは確かでした。

するとすぐに隼人がみほに『なあ、みほもう一回やろうぜ!』

するとみほがコクりと頷きました。

すると二人は各々、着ているものを脱ぎ始めました。

みほと隼人は完全に全裸になりました。

僕はみほの体をマジマジと見たのですが、しっかりと大人の体に近付きつつありました。

チンコにも、ちょぼちょぼ毛が生えていました。

やがて隼人はみほに歩みより、立ったままキスを始めました。

時間が経つにつれ、ディープになり、隼人のチンポの先が、みほの割れ目に沿って何回も上下に動いていました。

やがて隼人がみほを押し倒すようにベッドになだれ込むと、正常位で再びセックスを始めました。

二人は終始キスをしながら、互いに腰を動かしながら、セックスをしていました。

二人ともあまり声を出さずに懸命に腰を動かしていました。

やがてみほが『隼人、ちょっと疲れて来たよ』と言いました。

隼人が上から覆いかぶさってる状態なので、みほが体重を感じて苦しくなったように見えました。

すると二人はいったい離れました。

二人は起き上がり、どちらも後ろに手を付き、向かい合うようにして、再びセックスを始めました。

今度は僕からも結合部がまる見えでした。

お互い腰を浮かせるようにして、隼人のチンポがみほのマンコを掻き回すようなすごくいやらしい動きをしていました。

みほが感じて来たのか小さな声で『あっあっあ~ん』と言うような喘ぎ声を発し始めました。

二人の結合部をみて僕も鼻血が出るくらい興奮して、ここで抜いてました。

やがて二人は、対面座位に体位を変え、キスしながらピストンが速くなって行きました。

ベッドがかなり ギシギシなっていました。

二人はキスしながら、そのまま果てました。

その時は抜く暇がなかったのか、なんと中出しでした。

…隼人はみほのマンコをティッシュで拭きながら、みほのパンティーを見て『そんなに汚してないから大丈夫だな』と言ってました。

みほはそのパンティーを履き、ブラジャーのホックを隼人にかけてもらっていました。

この日のセックスはこれで終わりましたが、それからも三人のこういう関係は続きました。

隼人とみほは僕に見られながらやるセックスに異常な興奮を覚えたみたいだったし、僕もその虜になりました。

ある事がきっかけで、親にこの事がばれますが、それは又いつか書きます。

COMMENT

Your email address will not be published.