中出し

【体験談】兄妹相姦、ママになった妹の授乳姿に欲情してしまう

妹との禁断愛

投稿者の妻が帰省中、家に遊びに来た仲良しの妹。現在は一児の母でもあり、目の前で授乳をはじめてしまう。その妹の姿に欲情してしまう・・・・
女性の手
俺、37歳、結婚して7年経ってやっと家内に子供が授かりました。

9月、臨月に入り家内は大事を取って実家に帰っていきました。

そんな時、俺より3つ下の妹、真衣が来てくれたのです。

真衣もすでに結婚をしていて1歳の子供がいる身なんですが、旦那がちょうど出張中ということと、私が一人と言うことで困っていないかと心配だったようです。

昔から俺たち兄妹は大変仲がよく、妹は俺の後ばかりついて来ていました。

俺が中学3年まで一緒にお風呂に入り、一緒のベッドで寝ていたのです。

妹が小学5年の時、夜中に妹に起こされたことがあります。

「お兄ちゃん、お兄ちゃん起きて。真衣のあそこから血が、」

見ると真衣のパジャマの股間部に血が付いているのです。

急いで母を起こしに行くと、「真衣も女になったのね。」と、初潮のことを教えてくれました。

そんな真衣が俺の家へ泊まりに来てくれ、食事まで作ってくれたんです。

お酒を飲みながら子供の事を色々聞いて舞い上がっていました。

しかし、真衣の子供が反対に慣れない家でぐずってしまったのです。

真衣も少しだけお酒を飲んでいたのですが、子供にオッパイを上げその様子を俺は舞の後ろから覗き込んでいました。

その様子を見て、家内も真衣と同じように子供にオッパイを上げるんだろうなと想像してしまいました。

真衣のオッパイに子供も落ち着いたのか、しばらくすると寝てしまいました。

真衣が子供を寝かせ、俺の目の前でパジャマの前を整えている時も、俺は真衣の胸をじっと見ていたのです。

「いやだ、お兄ちゃん、真衣のオッパイで発情したの。」

そう、真衣にからかわれたのですが、結婚して7年ぶりの家内の妊娠に俺は大事をとって、家内との夫婦の営みを我慢していたのです。

「そんなことはないけど。」

「ないけど、どうしたの。お兄ちゃん、ずっと我慢していたんだ。」

「、、、当たり前じゃないか。あいつにやっと授かった子供なんだから。ここで何かあったらと思うと、、」

「私で良かったら、お兄ちゃんの中に溜まっている物、出してあげようか。私ならいいよ。」

真衣はそう言って俺に近づいてきました。

そして私の前に跪くと、私のパジャマからペニスを取り出し口に咥えてくれたのです。

「真衣、本当にいいのか。」

「お兄ちゃんが後ろから覗いていた時、私の背中にお兄ちゃんのこれが当たってて、どうにかしてあげないとと思っていたの。」

「真衣、ありがとう。」

「でも、お兄ちゃん、コンドームってあるよね。」

「そんな物。俺たち、早く子供が欲しかったし、だったら、口と手だけでいいよ。」

「、、、、仕方ないわ。私も気持ち良くなりたいし、安全日だから。でも、中には出さないでね。」

真衣はそういってフェラを再開した。

真衣のフェラは凄く上手くて、気持ち良かった。

喉の奥まで咥え込んでくれたり、裏筋も丁寧に舐めてくれた。

いつの間にか妹がこんなフェラテクを覚えていたのかと思うと少し複雑でしたが・・・。

しばらくすると、俺は我慢出来なくなり、真衣の為に敷いてある布団へ真衣を連れて行き、本格的なセックスが始まった。

真衣の中は既に潤っていて、とても暖かく俺のペニスをしっかり包んでくれた。

腰を振ると、真衣も気持ち良いみたいで、顔を歪めてエッチな声を出していた。

そんな真衣の仕草を見る度に俺の興奮も増してしまい、ピストンも激しくなっていった。

小さい頃、あれだけ一緒に寝てもお風呂に入っても、性的興奮はしなかったのに、、

そして真衣がしがみ付いてきて、初めて妹とキスをした。

初めてのキス、それは5分、いや10分ほど離れず、真衣の舌が俺の中に入ってきた時から始まり、俺も真衣の口の中に舌を入れ、真衣が唾を私の中に入れるとそれを飲んで、私の唾も真衣が飲んでくれた。

その間、二人が繋がっている股間は、思い出したように時々ピストンする程度で、意識は俺と真衣のキスにあった。

「お兄ちゃん、お兄ちゃんの白いものが出ないうちに、私のあそこ舐めて。私、舐めてもらうととても気持ち良くなるの。」

真衣はもう俺の妹と言うことを忘れ、完全に女になっていた。

真衣から一旦離れ、俺は真衣の下半身に移った。

惜しげもなく大きく足を開く妹。

申し訳ない程度に生えている陰毛の下に綺麗な妹の膣口があった。

その上部を開くと皮が被っているクリがあり、そっと皮を剥き舌で舐めてあげた。

「ああ、それ、いい。」

妹の体がビクッと仰け反ったと思ったら、大きな声でそう言った。

3、4回繰り返したあと、俺は思いっきり舌を突き出すと真衣の膣に舌を入れていった。

いくら舌で掻き出しても掻き出しても、真衣のからだから出てくる汁は止まらず、このまま行けば出血多量のように、妹は愛液多量で死んでしまうのではないかと思った。

その間、真衣は軽く2、3回イッたようだった。

俺は真衣の愛液を止めるごとく、ペニスをいれ本格的にピストンを開始した。

真衣はその度に大きな声で喘ぎ、俺にしがみ付いてきた。

真衣のアソコは出産後ではあるものの、なかなか締まりも良くて最高に気持ち良かった。

そして俺も我慢出来なくなり、激しいピストンを繰り返し、射精する直前、真衣の顔を前にペニスを突き出すと、妹はすぐに口に咥え精液を受け止めてくれた。

妹、真衣と初めて関係を持った夜、俺はいつになく性欲が激しくなっていました。

慣れ親しんだ妻の体ではなく、小さい頃から一緒に布団で寝て一緒のお風呂に入った妹の体を舐め、むさぼり、そして繋がって何度も求めたのです。

妹も一度も嫌と言わず、私の性欲を受け止めてくれました。

とはいっても最後の性欲処理は妹の口で、決して体の中でのは受け止めてはくれません。

開始から3時間くらい経つと、寝ていた真衣の子供が起きてぐずりだし、おしめを取替え授乳をしている姿を見ると、真衣もいっぱしのお母さんなんだと思うと同時に、一人の人妻なんだと言う気持ちが強くなり、授乳をしている最中に人妻を犯してしまうんです。

「嫌だ、お兄ちゃん、少し待ってよ。」と言っている人妻も俺の膝を跨ぐと自ら腰を下げて、俺が下から狙いを定めて立てているペニスに向かってくるのです。

対面座位、人妻、妹、真衣と向き合い、二人の間で母親のおっぱいを飲んでいる子供に関係なく、俺は下から真衣の体を突き上げているのです。

「あぁん、ダメ、ダメよお兄ちゃん」

そんな言葉はお構いなしと真衣を突きまくる俺。

真衣は子供を抱きかかえたまま、薄らと母乳を垂らしながら絶頂を迎えました。

「ああん!凄い!お兄ちゃん凄い!」

イッてもなお、腰を振り続ける淫乱な妹。

真衣もこんなオンナの顔になるのか、としみじみしながら、禁断の中出しを。。

「出したの?ちょっとヤバいって!」

焦りながらマンコから指で精子をほじくり出す妹を尻目にこれまで味わったことのない背徳感に浸る俺でした。

POSTED COMMENT

  1. エッチな名無しさん says:

    妹のパンツ盗んでオナってるのが精一杯の俺には考えられん!汚物のように接しられるし!

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。