Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
盗撮 覗き

【体験談】家庭内夜這い、息子を拒否できない母親

お母さんの乳首

幼少時代、家族4人川の字になって寝ることが多かった投稿者。思春期になった後もそれは続き、母親の身体に興味を持ちだしてしまう・・・・
寝ている母
俺が昔両親と妹と暮らしていたのは6畳2部屋のボロい借家だった。

玄関を入ると右手側にトイレ、その向かいに風呂、風呂の奥に台所。

そして廊下を挟み左側に2部屋という作りだった。

この玄関入って斜め前に見える扉が風呂場な訳だが、脱衣所も何もなく、ドア1枚開けるとすぐに風呂場という昔の作りだったため、幼いながらも羞恥心が芽生えた以降は来客を玄関で対応していると風呂からは出られないという状況だった。

中で着替えてくれば良いのかもしれないが、あちこちびちゃびちゃになるためとても着替えどころではなかった。

しかしそんなボロ屋を怨んでいたのも性欲が目覚める前までの事。

小4の頃に性欲に目覚めた俺は、母の風呂上がりの裸体を目にし激しく興奮した記憶がある。

母も上記の通り、風呂上がりはタオルを巻き部屋まで戻ってきて着替えていたからだ。

まぁ母も俺に性欲が目覚めたことに気が付いていないのか、息子だから気にしないのかはわからないが、特別隠すそぶりもなく、おっぱいをプルプルと揺らしながら体を拭いたりしていた。

俺は見るだけでも満足はしていたのだがやはり次第に興奮が抑えきれなくなってきていた。

ちなみに俺は両親が21の時に生まれたので、この当時両親は30前半のまだまだやりたい真っ盛り?だったせいか、父は酔っているときにムラムラするらしく、母にちょっかいを出していた。

母は俺と妹の前では拒否や抵抗をしていたが、時おり父は我慢できないのか強引に母の胸を触ったり軽く性的な光景は目にしたことがあった。

その父の触る母の胸の柔らかそうな感触が味わいたくなり俺もついに行動に移すことに。

前述した通り、部屋が2部屋しかないため1部屋が茶の間、1部屋が寝室となっているので家族全員で寝ていたのだ。

とは言え呑み歩きが好きだった父は基本的に帰りが遅く、月に何度か疲れが溜まった母は、父の帰りを待たずに一緒に就寝することがあった。

そしてついにその日が来た。

母の寝息を確認し、俺は寝返りをうつふりをし、興奮で震える手を、隣に寝る母の胸元にそっと乗せた。

仰向けのためたいぶ胸は流れてしまってはいたが、他の部位とは違い確実に柔らかい感触は指先に感じた。(ちなみに母は寝るときはノーブラ)

俺はその柔らかい胸をツンツンとつついたりし、微かに指が沈みこむ感触を楽しんだりしていた。

とりあえず初回はこれで満足してしまい終了。

そして2回目の時にまた同じく胸を触った。

初回よりは大胆になり当時背が小さく、当然手のひらも小さかった俺は、おさまりきれない母の乳房を鷲掴みし揉み揉み!

後に知ることになったが母はBcupなので控えめな胸のはずだが、当時の俺には有り余るほどの胸で授乳を終えていた胸はとても柔らかかった。

初悪戯は小4の頃だったが、定期的に悪戯を続け、俺は小6になっていた。

この頃は胸の感触にも慣れ、小4の頃のようにおっぱいに対する純粋な興味と性欲だけではなく、背徳感を覚え、そのスリルによる興奮を覚えていた自分がいた。

その頃の俺はわりと大胆に触るようにはなっていたが、やはり母を起こさない警戒はあったため、どこか遠慮はあった。

しかし二年続いてバレないこともあり、この日の俺はやたら大胆だった。

いつもは服の上から胸を触り、優しく鷲掴みする程度だったが、その日は夏だったこともあり、母のTシャツを捲り上げたのだ。

風呂上がりに見ていた胸ではあったが、暗闇の中でとはいえ、ここまで近くでじっくり見れることは初めてだったので、まるで初めて悪戯したときのように興奮し、身体の震えが止まらなかった。

布1枚がなくなっただけなのにまるで新たなものを触るかのような感触に感激した記憶がある。

そしてその日は生のおっぱいが目の前にあるせいか今までは気にならなかった乳首がやたらに目についた。

鷲掴みしているときも手のひらの中心付近にコロコロした感覚はあったのだが、この時点までは乳首に重点を置いていなかったのであまり記憶には残っていなかった。

記憶なので曖昧だが10円玉くらい?の大きさの乳輪の中心にコロリと乗った乳首。

授乳を終えてるので当然なのかもしれないが今思うとちょっと長くて大きめの乳首だった。

母乳を飲むときに俺と妹が引っ張ったのか、根本部分が細く、真ん丸で少し小さいビー玉を乗せたような形だった。

乳首に指をのせツンツン!乳首が乳輪と共に沈みこんだ。

乳房とはまた違った感触に楽しさを覚え俺は乳首を摘まんだり大胆に弄っていた。

最初はフニャフニャと柔らかかった乳首に芯が通ったように硬くなり、乳首を左右にコリコリと転がすとビョンと定位置に戻ってくるのがすごく楽しかった。

しかし次の瞬間に母が急に俺に背を向ける方向へ寝返りをうった。

母は横向きになり、両腕が胸の前に来てしまい、乳首弄りができなくなった。

しかし俺は母親の背後にビタッとくっつき、母の腕の下の脇腹辺りから、手を忍び込ませ、乳首は弄れなかったが、横向きになり腕で寄せられた胸に手を挟ませたりして楽しんだ。

ちなみにこの時は俺は161㌢で母親は166㌢なのでほぼ同体格になっており、母のお尻にカチカチになった股間を押し付けながら、寄せられた胸で久々に手のひらから溢れるおっぱいの感触を楽しんだ。

その日以降、俺は乳首の楽しみを覚え次の機会を心待にしていた。

ある夜ふと俺が目を覚ますと茶の間からテレビの音が。

茶の間と寝室の仕切りは襖で寝室側にタンスが置いてあったのだが、タンスの
上側の開いてるスペースの襖の奥から茶の間の光が漏れていた。

普段なら気にならないはずなのだがこの日はなぜか違和感を感じ、すぐに寝付くことが出来なかった。

するとテレビの音に混じり時々両親の声がした。

俺は会話の内容までは聞き取れないが俺はなぜかその声に耳を澄ましていた。

会話の中に時々「うっ‥あん‥あっ‥」と母の苦しそうな吐息のような声が聞こえてきた。

セックスを知らなかった当時の俺は母が父に何かされてるのではないか?と急に心配になった。

心配はありながらも俺は母の所へ駆け付けてやることは出来なかった。

その母の声が少し続いたあと急に父親のハァハァという息切れが聞こえてきた。

「‥うっ‥はぁん‥うぐっ」と母の苦しそうな声は増すばかり。

ガサガサ!と動く音にハァハァ!父の息切れ。

そして続く母の吐息。

俺は子供心ながら心配になった。

タンスの上部の襖の隙間からそっと茶の間を覗くが、角度的に茶の間の部屋の上半分くらいしか見えず両親の姿は確認できず。

俺は意を決してタンスの上に登ることに。

両親が何をやっているかはわからなかったが、なぜか見つかってはいけないと本能的に感じ、俺はそっとタンスに登り、襖の隙間から茶の間を覗いた。

遠くからでも光が射し込むくらいに開いた建て付けの悪い襖に近付いて覗きこむと茶の間全体が見渡せた。

俺の目に飛び込んできたのは全裸の両親。正常位でずっぽり挿入中。

俺は両親を上から見ている位置だった。

合体中の陰部こそ父の背中や頭などで見えなかったが、おっぱいは丸見え。まぁ当時はまだおっぱいにしか性的興味を持っていなかったので見えてても陰部は見なかったかもしれないが‥

父がピストンする度に母の胸が小さいながらも上下左右にプルンプルンと揺れた。

俺はいつもあのおっぱいを触っていたんだ!と感激に浸り興奮していた。

無意識に手が股間を押さえていた。当時オナニーを知らず、したこともなかったのだが、本能からかズボンの上から股間を擦っていた。

快感が段々と高まってきてついにその快感が股間から足の爪先まで抜けていくような感覚だった。

まだこの時精通はしていなかったのだが初オナニーをし、絶頂を味わった。

若かったからかもしれないし発射しなかったかもしれないが、すぐに復活し、両親のセックスを見ながら3回くらいいってしまった。

不思議とこの時は賢者タイムがなかった。

そうこうしている間に父もいつのまにかフィニッシュしたのか両親はお互いに自分の股を拭いている状況だった。

すると母が唐突に「あのね‥○○(俺)が胸を触ってくるの‥」

『○○が?お前の?』と父が聞き返した。

冷静に考えてみれば当然だが、母は俺の悪戯を気が付いていたらしい。

けど母から父への報告は躊躇いがあったのか、俺への配慮なのか、俺がしていたことの半分以下の内容で、寝ているときに胸の上に手を置いてくる!的な報告。

すると父が『気のせいじゃないの?寝返りとかじゃん?』と言うと母もわかってくれない父に理解してもらうためか少しずつ核心に触れた報告に変わっていった。

俺は冷や汗だくだくだった。

しかし父は酔っていることもあったからなのか、元々気にしない人なのかはわからなかったが、『○○も女体が気になる年頃になったのかぁ‥少し様子見てみたら?胸くらいなら少し位触られても。まぁこの間取りじゃオナニーも出来ないだろうから、色々溜まってるのかもな。』と言った。

俺はオナニーに数分前に目覚めた(笑)ので、特に気にしていなかったが、たしかにこの快感を覚えてしまってはたしかにやり場に悩むことになるとは思った。

母は腑に落ちない反応ではあったがそれ以上は何も言わなかった。

俺は3回も絶頂を迎えたこともあってか再び激しい睡魔に襲われ寝付いていた。

その後、数回悪戯の機会があったのだが、やはり母に気付かれていることがわかってからはかなり控えめになった。

やんわりと触っているときは母も父との話の結果からか黙認してくれている感じだったが、乳首を弄ろうとすると寝返りを打たれ死守された。

そして時は流れ俺は中1に。

友達らと相変わらずエロ話は盛り上がった!小学生時代とは違い話の内容が濃くなっててきた。

それは友達数人が中学進学を期に部屋を与えられたからだ!

そいつらはエロ本やエロビデオを見る個室を得たことからオナニーを好きなときにやることが出来たのだ!(この時に知ったのだが友達らは小5の頃から経験済み)。

本や映像を目にする機会が増えたからか、どんなおっぱいや陰毛やスタイルが好きだ!などと、より具体的な性癖や好みの話をするようになった。

ある日、友達の家に集まりエロビデオを見ているときに、友達のひとりが『めっちゃおっぱい揉みたい!絶対柔らかいよな!?』と言った。

俺は興奮していたこともあり、ついつい『めっちゃ柔らかいよ!』と言ってしまった。

「触ったの?どうだった?ってか誰の?」と友達らはものすごい食い付きだった。

俺はバカ素直に母親だと言ってしまうと、「うげー!母親とかないわー‥」と手のひらを返したようになった。

しかしまた誰かが「けどさぁ‥自分の母親と思うからダメなんじゃん?○○のかーちゃん若いしきれいじゃん?うちらとは違うし○○かーちゃんのなら俺も揉みたい!(笑)」と言うと、再び大盛上り!

そこで母を誉められた喜びと俺だけが知るおっぱいの感触に優越感を感じ、調子に乗っていた俺は、『お前らはエロビデオとか見れるしオナニーも出来て羨ましいけど、うちは生の全裸とリアルに触れるからな!』と他を見下すような発言をしてしまった。

するとエロビデオの持ち主が「じゃあお前には見せねーし。お前は母親のおっぱいでも見てろ!」と言われてしまった。

ヤバい。ハブられてしまう。と思った俺が即謝罪をすると、友達らは渋っていたが、ある要求をしてくることに。

友達らが俺の母の裸体を見たいと言ってきた。

俺は複雑な心境だったが嫌われたくない気持ちから了解した。

田舎な事もありうちは日頃から夏場は風呂場の窓を少しあけて入浴していたことを友達らに告げた。

そこで母親の入浴を覗くことに。

そして、実行の日。

この日は俺は母へ帰りが遅くなると連絡し、友達らと家の裏の林に身を潜めていた。半端なく虫に刺されたがみんな楽しみにしていたのか文句を言う奴はいなかった。

そしてついに浴室に電気がついた。

シャワーの音がなったことを確認し、事前に準備しておいた踏み台を使い、俺がそっと様子を伺うことに。

髪を洗っている母を上から見下ろすアングルに!

相変わらず風呂上がりの母の裸体は毎日目にしていたが、1年前に覗いた両親のセックス目撃と似たようなアングルで記憶がフラッシュバックし即勃起。

俺は友達を手招きした。

母の濡れた髪が身体の前に垂れ下がり、なかなか胸や陰毛は見えなかったのだが、みんな興奮していたようだった。

母が上を向き髪をかきあげたりすると、胸も陰毛も丸見えになるのだが、その時に母がもし目を開いていると覗いていることがバレてしまうため、みんな母が動く度にしゃがんで隠れ、なかなか乳首と毛は見えなかったみたいだった!

「はやくおっぱい見てー」

『どんな乳首してんだろ?』などと友達らがヒソヒソ。

その声もシャワーの音に消されているのか母はたぶん気付いていなかった。

基本的には俺が監視役で友達にゴーサインでみんなで覗いていた。

そしてついに念願の瞬間が!

母は髪を搾り団子頭にした。そして洗顔を始めたため目をつむり、完全に乳首も陰毛も丸出しに!

友達にゴーをかけるとみんな一斉に覗き込んだ!

たぶん時間にしたら洗顔中の1分程度?位だったんだろうが友達全員に母親の全てを見られてしまったのだ。

そしてバレる前に撤退。

その帰り道「いやー。やべー。今でも震えてるわ。」

『○○かーちゃんの乳首すげーでかかったけどなんかエロい。』

「毛とかすげーボサボサだったな。」などと友達らがそれぞれの感想を言い合う中、俺は黙って聞いていた。

たしかにエロビデオの女優に比べれば胸は小さいし、乳首はでかく、処理されていない毛もボサボサだった。

数週間後、違うクラスのやつに話しかけられた。

どうやら友達から話が漏れたらしく、母親の裸体を見せろと言われたのだ。

俺はさすがにそいつらは拒否した。

俺は危険を感じ母の先に風呂に入り、窓を閉めることにしていた。

閉めたことで安心してしまっていたのだが、数日後、拒否したはずのヤツから「おめぇの母親乳首とれそうだな(笑)」と言われた。

どうやら母は俺が閉めた窓を開けていたらしく覗かれていたみたいだった。

友達から漏れた情報なので友達は申し訳なさそうだったが、時すでに遅く、色んな奴等に見られていたと言うことがわかった。

母親を見たやつらは、胸が小さい!乳首でかい!毛がボーボー!と感想がほとんど一致していた。

最初は「おめーのかーちゃんのおっぱいで昨日シコったから(笑)」などと言われると嫌悪感と背徳感に悩まされたが、次第にそれが興奮に変わってきていた。

そして、久しぶりに母が早く寝た日が来た。相変わらず少し揉む程度は容認。

友達らはこのおっぱいでみんなオナニーをしているんだ!と思った瞬間何とも言えない興奮に襲われた。

俺は服を捲り上げた。母は寝たふりをしながら服を抑えたり体勢を変えたりと防御していたが、この日は興奮を抑えきれず、母の腕を強引に退かし、乳首をコリコリと弄り倒した。

母は乳首が敏感だったのかすぐにビンビンに。もともと長めの乳首がさらに硬くピーンと伸びた。

カチカチになった股間を母のおしりに押し当てながら、乳首を弄る!

そして耳元で母に小さな声で『おかぁさん‥ごめん。かくかくしかじか‥だから窓は今後閉めておいて‥』と母の裸体を大勢の友達に見られてしまったことを告白。

すると母はゆっくりと目を開けた。

「おかぁさんは見られたことは恥ずかしいけど大丈夫だから気にしないで。ただ、本来おかぁさんのおっぱいを触ったり、友達に見せたりすることなんてやるべきことではない!」と諭された。

激しく怒られるより優しく諭された方がなんかすごく苦しかった。

俺はなんかもうどうしていいかわからなくて、パニクったのか『みんなおかぁさんのおっぱい触りたいって言ってたんだよ!だから俺が触って教えてあげなくちゃと思って!』と自分でも意味不明の弁解(笑)。

すると「そんなのは教えなくていいの。○○は人に教えたいために触ってたの?」

『そうだよ!教えるために!』

「じゃあそれはおかぁさんも恥ずかしいから内緒にしておいて?だからもう触らないでね!?」と言われてしまい、俺は『ほんとは俺が触りたかった。』と言った。

「男の子がそーゆー気持ちはわからなくないけどそれを身内にやって良いことではないのよ?わかる?」とまるで子供を諭すかのような口調で言われた。

俺は何も言い返せず素直に謝るしかなかった。

俺は何度も何度も謝った。

すると母はそっと服を脱いだ。

「今日はもう寝るから‥気の済むまで触って良いからもう悪戯は卒業ね。」と言い横になった。

俺はもう無心で母の乳首を舐めた。母は時おり眉間にシワを寄せあえぎを我慢しているのがわかった。

乳首はヨダレでテカテカ。

俺は乳首を舐めながら片手でチンをシゴき、片手で胸を揉んだ。

2回ほど絶頂を味わった。

しかし触るのをやめることは出来なかった。そんなとき、ふとエロビデオで見た手マンを思い出した。

俺は母のズボンに手を滑り込ませた。

母は慌てて俺の手を掴んだのだが、中1の俺は母より力が強くなっていた。

パンツの中に手を滑り込ませ、剛毛と言われていた母の陰毛を撫で回した。モザイクでよく見えなかった手マンを当時の俺は陰毛のゴソゴソ感を楽しむものだと思っていた。

しかし勢いに任せて触っていた拍子に指先がヌルっとした部分に触れた。

なんだこれ?!

俺は一瞬マジでビビったがおそるおそるその部分に指を伸ばした。

ヌルンヌルン。

まわりの毛にも汁がつき手の甲に触れるパンツは冷たい部分があった。

女が濡れると言うことを知らなかった俺はこれが何かは理解はしていなかったが、そのヌルヌルと温かい感触が気持ちよくなり表面を撫でていた。

母は押さえていた俺の手を離しており両手は顔を覆っていた。

エロビデオの見よう見まねで乳首を舐めながらヌルヌルを撫で回すと時おり母が「ふっ‥ふっ‥」と息を漏らすときがあった。

母のパンツに手をかけた。

母はすっと腰を浮かしてくれた。‥などという都合のいいことはなかったが、俺がパンツが破れそうなくらい引っ張ると「痛い!‥わかったから‥」と母はパンツを自分で脱いだ。

初見のマンはグロかった。

そのグロさで俺はマンを触る気がなくなってしまい、母の足を開かせ間に入り込みまた乳首を入念に攻めた。

母とほぼ体格の同じだった俺は正常位の状態だったため、自然と俺の股間がパンツ越しに母のヌルヌルに触れていたのだ。

パンツに愛液がつき、濡れて気持ち悪かったので俺はパンツを脱いだ。

そしてまた母に覆い被さり乳首を愛撫していると当然だが、俺の亀頭もすぐにヌルヌルに!この時に初めてヌルマンの気持ちよさに気付き、素股行為を楽しんでいた。

ヌルヌルを亀頭に感じながら乳首を舐めようと体勢を少し変えた瞬間にヌルっと亀頭が入ってしまったのだ。

母が「入れるのはさすがにダメ!」と慌てて腰を引き、亀頭を抜いたが、1年前にオナニーを覚えたばかりの俺は少し入っただけでもオナニー以上の快楽を感じてしまっていた。

もう快楽と欲に支配されてしまった俺は半ば力ずくで根元まで挿入。

『んふー。』

俺は快楽に身を任せ無心で腰を振った。

「妹が起きちゃう‥やめて」と言う母に『じゃあ茶の間行こう?』と言うと母は渋々移動した。

また軽く抵抗されたが、俺が少し激しく行くと、母は諦めたのか大人しくなり再び挿入。

母はまだ小さかった俺のチンに感じることもなかったのだろうが、あえぐことはせず顔を横に向けて呆然とした表情だった。

俺は母の中で数回の絶頂期。ちなみに精通はまだだった。

この時は何回絶頂に達しても賢者モードもないし、一瞬萎むがすぐにチンが超回復の連続だった。

そんなこんなで俺が母への挿入を楽しんでいると庭先にタクシーが停まったので俺は慌てて撤退。

少しすると父が帰ってきた。

母が服が着るのが間に合わなかったのか、隣の部屋から『お?自分でやってたのか?(笑)どれ気持ちよくしてやるから(笑)』と言う声が。

母はさすがにさきほどまでの事は言うことはせず、「えへっ‥しちゃった。けどスッキリしたからおしまい(笑)」と笑った。

けどなにも知らない父は『おー。びちょびちゃだな!相変わらずお前はエロいなぁ』などと言った。

そして父が服を脱いでる気配。俺は以前の覗き位置に気配を殺し移動。

母は俺の気配に気付いたらしく何回か目があった。

しかし父にバレるのを避けるためか何も言わないしこちらに視線を送るのもやめた。

母はやんわりとHを拒否するが父はすでにやる気だった。

母を脱がし、胸を愛撫。

乳首を舐めるときにヨダレの臭いがバレるかも?!と焦ったが酔っている父はわからなかったのか、俺が舐めた後の乳首を舐めていた。

そして手マン。俺のとは違いほんとの手マン。

母は我慢していたのだがついに気持ち良さそうな吐息を漏らした。

そして父が母の顔の前にチンを出した。でかかった。

母はまた一瞬こちらに視線を送り、少し躊躇った後に目をつむり意を決したのかチンを舐め出した。

エロビデオではモザイクではっきりしなかった行為が目の前で鮮明に見ることができた。

父は舐められた後にいよいよ挿入。

また体位と位置関係で結合部は見えないが父が母の胸を寄せ集めてピストンしているので胸が柔らかそうにプルンプルンと揺れていた。

『そーいえばまだおっぱい触られるの?』と父の問いかけに「あー‥あれやっぱり気のせいだったのかも(笑)」と母が濁すと『なんだぁ‥○○がお前のおっぱいに興味あるなら揉ませてやろうとしたのに(笑)』

「ばか!母親のおっぱい触らせてどうすんの!」と母が怒ると『ほんとは他の男に触らせてやりたいけどそれはやりすぎだから!息子ならいいかと(笑)興奮するだろうし!今度俺が隠れてみてるからおっぱいで誘惑してみてよ?(笑)』と笑った。

「母親のおっぱいなんて嬉しくないわよ!」と言う母に、『いや、性欲が半端ないあの年頃なら男は喜ぶぞ!』と言う父。

「そんなわけない!」と否定する母に、『お前まだ若いから大丈夫!うちの母親はばばぁだったから俺はやらなかったけど、友達らは母親のおっぱい揉んだヤツとかいたらしいぞ!』と言うと「え?男って身内でもそーゆー気持ちになるの?」と聞いた。

『まぁならないって言う人が多いけど隠してる人もいるだろうし、エロい気持ちになる期間もあると思うよ。特に中学生辺りは!母親にいかないとしても姉とか妹にいく人は多いかもな?年の近い女だし!』となんだか説得力のある?父の言葉。

「もしかしてあなたも‥?」と言うと『‥まぁ何回か姉貴の下着を友達に貸出したり、お風呂とか覗いたことはあったな(笑)』と言った。

「男ってやっぱりそーゆーことやるんだ‥?」

『ん?やっぱり?』

「んーん。なんでもない。」と会話が終わりしばらく無言でセックス。

父が母の腹に発射し、拭き取りながら『んで、さっきの話だけどどう?』

「なにが?」

『いや、○○におっぱい見せる話。』

「バカなこと言わないの。」と母が怒ったため終了。

親子とは言えあまりにも酷似した俺と父の性癖?に驚いた。

なんか父からの公認を頂いたような心強さがあり、その日以降の悪戯ではまた挿入まで目論んでいたのだが、母は明らかに俺に警戒し、同じ時間に寝ることはなくなった。

そのまま悪戯が出来なくなり、数年がたち俺が高校入学を期に引っ越ししてしまい、完全にチャンスはなくなってしまった。

新しい家では風呂も覗けないし、風呂上がりは脱衣所があるし、両親の寝室も離れてしまった。

COMMENT

Your email address will not be published.