Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
盗撮 覗き

【体験談】母子風呂、仁王立ちで洗髪する母の股間に指を這わす

母親との入浴

幼い頃から父は家にいない状態、母親と仲睦まじく暮らしていた投稿者。お風呂も母親と一緒に入るのだが、割れ目を丸出しで洗髪する姿に・・・・
浴槽に浸かる母
このサイトでおそらく私程古い人間はいないでしょう。

もう40年前の話ですが私と他界した母とは男と女の関係でした。

我が家は秋田の農家で、父は出稼ぎに行っていつも母と2人でした。

しかし農業はすぐ廃業して家を改造して食堂を作って、それで母は日銭を稼いでました。

風呂は当然母と入っていたのですが、そこが母との関係の原点でした

風呂に母といつも一緒に入ってると小学6の頃はもう母の裸を【女】としてみていて、風呂の時間が私にとって一番楽しい時間で性教育の時間でした。

母が頭を洗う時は土間の洗面器に湯を入れて風呂の中で仁王立ちし、土間の方に上半身を下げて髪の毛を洗うのです。

後から見るその光景は母のお尻の割れ目と女の割れ目が一本線で見えるベストショットです。

私はその時いつも湯船に首まで浸かり、水音をさせず母のお尻の真後ろに顔を持って行き母の割れ目を覗いていました。

そして最大の見せ場は、母がシャンプーの付いた髪の毛を洗面器に漬けて洗う時です。

両脚でふんばり頭を土間の方にグッと降ろすとお尻がさらに高く持ち上がり、お尻の肉が左右に開き肛門が見え、女の割れ目もパックり開きその内部が見えるのです。

ほぼそれは湯船に対して垂直で・・・私はその瞬間いつも息を止めて母の割れ目に鼻が当たるぐらいまで顔を近ずけて覗いていました。

風呂場でお尻を高く突き出した母親の割れ目を実の息子が真後ろでペロリと舐められるぐらい至近距離で覗いてる訳です。

湯船から出た母のお尻全体は濡れて風呂場の電気の光でテカテカ光り、お尻の割れ目の下に連なる女の割れ目はパックリ開いています。

その内部にピンクのビラビラが2枚見え、それが母のお尻が左右に動く度に左右に揺れて、ビラビラの表面の濡れた水滴がまるでおしっこを漏らしてる様にポタポタ落ちてる。

時折、母が下半身に力を入れてるのか、2枚のビラビラがグッと開いて割れ目内部が見える。

穴の奥も濡れていて、内部は赤貝の様に収縮をくりかえしていた。

初めは覗き見をしていただけなのが、ある日、私が同じように頭を洗ってる時
、母が私のナニをを後ろから冗談で触ってきた時があった。

それが引き金となり、同じく母が頭を洗う時に母の割れ目に指を入れると母が尻を振り「コラッ!」と軽く言う。

その日から私と母のアソコの触り相いが始まったのです。

中1の時から父は家に帰ってこなくなり、我が家にお金だけ入金されていた状態。

そして母には変なクセがあったのです。

夜風呂上りシミーズ1枚、ノーパンノーブラでちゃぶ台に座り、片足を立ててTV見るのです。

そしてビールを飲みながら無意識に片手がアソコに伸びて陰毛を抜くのです。

ちゃぶ台の上にちり紙を広げそれに載せていくのです。

それが毎日続き、長い毛が無くなると毛抜きを使い、見えない下の方は手鏡を畳に置いて一本一本抜くのです。

私がなんで毛を抜くん?と聞くと母は「あると気持ち悪いし、抜くと気持ちいいんよー」と。

ですから母の割れ目は私が中1の頃はほとんど無毛状態で、それがまた子供から見てとてもエロくありました。

風呂に入る時の母の生まれたままの全裸は崩れた熟女体系ですが、下半身はまるで幼稚園児の様にこんもり盛り上がった無毛の丘にくっきり走る一本線の割れ目・・・

小学生の頃から土間で母の前に立たされ、全身に石鹸を塗られ身体全体を洗う儀式。母が私のナニを冗談気にシゴク仕草。

中学になる頃には、私がふざけて母にしてあげていた時も。

ある日、母の後ろに立ち両手で母のおっぱいに石鹸を塗る。

手の平に母の乳首が当たる。

繰り返してると段々乳首が固くなっていって片手をゆっくり母の無毛の丘に降ろす。

背中から左手は母のおっぱいを這って、右手は下腹の無毛の丘に。

お饅頭の様なこんもり盛り上がった無毛の丘の肉感触を楽しんでそのまま手を下に。

2本の太ももを割って股ぐらの中に差し入れた。

中指が自然と母の割れ目の中に沈んでいく。

2枚のビラビラを掻き分け、そしてゆっくり前後にスライドさせる。

やわらかい濡れた2枚の肉が私の指に絡んで来た。

おっぱいにある指で母の乳首を摘んで転がす。

母が声を「あっ!」と漏らして身体を私に預ける様にもたれてきた。

陰部の指をグイッと深く奥まで入れると、ヌルッと指が根元まで入り割れ目全体がヌチャヌチャヌルヌル状態となった。

これはもう子供が母にする行為ではなく、完全に男と女の行為である事に2人きずいていた。

母は実の息子の愛撫で恥ずかしいくらい割れ目から我慢汁を溢れさせ、内股全体を濡らした。

もう2人は止まりませんでした。

母は後ろに手を回し私のナニを掴み、しゃがんでは私のモノをくわえてしまいました。

父が帰ってこなかったせいなのか・・・

もう2人は止まりませんでした。

私のナニはもうびんびんに勃起していたのと初めて舐められたので、1分ともたずに爆発してしまった。

イッタ後、母に「僕も舐めたい!」と言うと母は、「舐めたい?」と言って土間にお尻をついて両脚を開いた。

「舐めて見るね!」と、私は母の股の間に腰を下ろした。

股を開いた母のソコはまるで幼稚園児の様にツルツルで、こんもり盛り上がった無毛の丘にくっきり走る一本の割れ目が見えた。

幼稚園児と明らかに違うのは、その割れ目が今までの行為で上から下まで汁を溢れさせてテカテカ光っていたことだ。

私は両手親指でそっと触れると、肉を左右に引っ張った。

割れ目はパックリ開き、その内部は創造以上にぐっしょり濡れてた。

汁にまみれた2枚のビラビラが見える。僕はそこに顔を近ずけ、2枚の濡れたビラビラの間にゆっくり舌をこじ入れて行く。

母の口から悲鳴の様な女その者の声が漏れた・・・

2枚のビラビラを右に左に舌で転がす。

母は声を荒げ、上半身を土間に倒して広げた股をさらに左右に広げて自ら両手で胸をもんだ。

どれだけ母の割れ目を舐めていただろうか、母の声に反応して私も段々遠慮がなくなり、舌を割れ目の奥まで入れた。

まるで犬が水を飲むかの様に、大胆な動きで母の割れ目を舐めまわした。

そして母の両脚首を持ってまんぐりがえしのポーズにして、お尻の穴からクリトリスまで上下に何度も割れ目の中で舌を動かした。

僕の顔は、母の女の我慢汁で僕の鼻も口もビショビショに濡れてた。

そして母のグッショリ濡れた割れ目の中に中指を根元まで入れると、スーと抵抗無く入った。

そこはもうまるでナメクジの巣の中に指を入れた様な感触で、極度にヌルヌルグチョグチョ状態だった。

指をゆっくり出し入れする・・・

指を右に左に回転させる・・・

内部で指を曲げてみる。自由自在に指は動いた・・・

やがて汁が割れ目外に溢れ出てた・・・

薬指をさらに増やし、2本の指を交互に割れ目の内部で曲げて、回転させながら出し入れした。

母の声が一段と高くなり二本の指の隙間から水しぶきが噴水の様に上がった。

「あ~い~い~・・・イク~~~」と言う声と共に、母の吹き上げた小水で僕も母も全身濡れた。

完全に出し終わって指を割れ目から抜くと、母の割れ目と僕の指の間でビローンと糸を引いていた・・・

母は放心状態で、土間の上で大の字でしばらく動かなかった。

この日、結局母とは結ばれなかったのですが、翌日私が学校に行ってる間に母がコンドームを買って来ていた。

その事からしても母は入れて欲しかったのだと今考えても推測できる。

そして翌日から母と猿の様にやりあった。

まず翌日からは風呂での洗髪風景が変わった。

母がいつもの様に仁王立ちして土間にある洗面器に頭を入れ洗う時でも、もうコソコソではなく堂々と私は母の真後ろに位置して割れ目を触った。

母も触られる事に拒否しなくなってた。

人差し指の爪の先を母の2枚のビラビラの間に刺し入れて、ゆっくり上下にスライドさせる。

母も感じているのか割れ目からお尻の山までがキューっとすぼまる・・・

それが面白くて、人差し指を女の割れ目からすぼまった2つのお尻の山の谷間の中に埋めて行く・・・

お尻の割れ目から女の割れ目へと何度も指を走らせる。

やがて女の割れ目から我慢汁が溢れ、その汁でお尻の谷間もスルスル動く様になる。ビラビラがひくひく動いた。

母はあの日を境に、割れ目を我慢汁で溢れさせながら髪の毛を洗う様になった。

その日から一週間たたない内に、私が母の全身の産毛、陰毛を剃ってあげる事となった。

アソコは母が毛抜きで抜いていても真近で見るとけっこう産毛がある訳で、その日は風呂場の土間で母の首から脚までの産毛を1時間かけて剃ってあげた。

それにより母の陰部は正真正銘ツルツルパイパンとなり、幼稚園児のような姿に。

また、この頃母は毎回風呂場で私のモノを舐める様になっていましたが、母もエロさが増して舐めながら私の玉を触りお尻の谷間にも指を潜り込ませていました。

そして風呂上り。以前は下着でシミーズ姿だったのが、下着をつけずに浴衣を着る様になり、その姿で晩酌をするのです。

寝る時は浴衣を脱いで布団に入る様になったのですが、浴衣をほぼ毎日私が脱がしてあげてました。

母が生まれたままの姿となり、布団の上に横たわる。

酔っ払ってかまぼこ状態。

その横で私も生まれたままの姿となり、母の上に覆い被さりおっぱいを両手で掴み、乳首を舌で転がす・・・

そして舌はやがて下腹部へ・・・

陰部のYの部分に来た時、太ももはぴったり閉じた状態でも、割れ目全体が汁が滲み出てお尻の谷までしたたり落ちてるのがわかった。

そこに毎日私は指を差し入れる事からはじまり、お尻の下に枕を入れまんぐり返しにして、割れ目を触ったり舐めたり30分ぐらい遊んでいました。

母も気持ち良いのでしょう、自ら両手で太ももを抱え、割れ目を濡らしてヒクヒク毎日さしてました。

四六時中私が母の陰部を触って常時パンティーが濡れており、気持ち悪いからと母はパンティーを穿かなくなりました。

よって私が母のパンティーを穿いて学校に行ってました。

学校から帰えると母は店にいるので店に行き、母がいる料理場へ向かいます。

しゃがむと客席側からは見えないので、立ってる母のスカートを捲りノーパンの割れ目を愛撫するのです。

カウンター越しに母の上半身は客側から見えてますが、実際はその下で母の割れ目をいつも触っていました。

母も我慢汁をいつも溢れさせて、その汁が内太ももを伝わり流れヒザまで濡らしていました。

私もお客が居るとそのスリルがたまらなく、つい大胆になり母のお尻に舌を入れながら指を女の割れ目に入れてかき回すのです。

すると母の2本の太ももが痙攣をおこし始め、すごい時は足首まで我慢汁をたらすのです。

時々お客さんが話しかけて来て、それに平常を演じて返事をしてる母がいるのですが、その時母の割れ目には私の指が根元まで入っていて、全てがヌルヌル状態である事が多々あった・・・

COMMENT

Your email address will not be published.