痴女

【体験談】母親失格、息子に欲情して跨がる背徳の母子家庭

母子の近親相姦

両親が離婚後、母親と2人で暮らし始めた投稿者。そんなある日の夜中、母親が下着姿で部屋にやって来たのだが・・・・
化粧をする母親
それは突然の出来事でした。

俺は母が狂ったとしか思えませんでした。

中学一年、精通、オナニーを覚えたての頃でした。

父と母は俺が10才の時離婚、以来母と二人暮らしをしてました。

夜、寝ようとしていた所、母が俺の部屋に来たんです。下着姿で。

驚きました。

『ねぇ智、エッチしよう』

『えぇ~?』

俺にしなだれかかってきて、俺は布団に寝かされました。

戸惑う俺に母は構わず、スエットの上からオチンチンを撫でるし、頬にキスするし、とにかく驚きと戸惑いでした。

母はブラのホックを外すと、胸が弾け出てきて、それを俺の顔に押し付けてきました。

何が何だか分からない俺は、母に抵抗しました。

『いきなり何?』

『お母さんのこと、嫌いなの?』

『好きとか嫌いとかより、いきなり何?』

『いいから答えて』

『そりゃ好きだけど』

『ならお母さんの言うこと、黙って聞いて』

有無も言わさず、そんな感じでした。

仰向けに寝かされ、戸惑いと驚きの中、母に言われた通り、乳首を舐め、乳房を揉まされました。

母はスエットとブリーフを脱がせ、俺の下半身を晒しました。

何が何だか訳が分からない俺は、ただ母の言いなりになってました。

母は俺のオチンチンを摘み、撫でて、そして口に入れました。

オナニーしか知らない俺に、いきなりのフェラチオはあまりに刺激が強すぎました。

勃起させられながらも、混乱する頭の中が次第に整理されていった俺は、こんなこといけないと思いました。

でも…性に対する興味も同時に沸いてきて、眼下に俺のオチンチンを舐める現実の母がいて、また頭の中がごちゃごちゃとしてました。

それとは裏腹に、オチンチンだけはビクビク反応していました。

母の口がオチンチンから離れたと思うと、母は白っぽいパンツを脱ぎ、お尻を俺の顔の方に向けながら、俺の上に被さってきました。

母のマンコと陰毛が顔に押し付けてられ、オチンチンは手で握られてました。

『舐めて』

母の声に従わざる得ないような状況に陥り、俺は母のマンコに舌をあてがうと、母は更に顔にマンコを押し付けて、それをくねくねと動かしました。

初めて見る生のマンコ、それも母親のマンコというのはあまりの衝撃でした。

知らないうちに俺の鼻や口回りはヌルヌルにされていて、母がマンコを顔から離したと思うと、俺の方を向きました。

母の手が俺の口元に伸びてきて、母は俺の口元についた陰毛を取ると、俺の頬を数回撫でました。

母は俺のオチンチンを手で固定すると、オチンチンに跨り、一気にオチンチンを飲み込んだのです。

頭の中の混乱は続いていました。

『どう?お母さんのマンコはどう?』

そんなことを繰り返し訊きながら、ひたすら腰を上下に打ち付ける母。

母のマンコ中は暖かく、何とも言えない気持ち良さがありました。

あまりの激しさにすぐ射精してしまいますが、思春期の男の性欲とは恐ろしいもので、すぐに回復して再び勃起します。

母はそれを観て嬉しそうに微笑み、また俺に跨がるのです。

結局その日は4回も射精をしてしまい、全て母のマンコの中に放出されました。

母も満足したようで、最後の方はピクピクとなってイっていました。

母が最初、俺にしたことは、世間一般で言うとこ性的虐待に近いものだと思いました。

あれが俺の年齢がもうちょっと下だったら、トラウマになったかもしれません。

性的好奇心が芽生えてきてた年だったから、今こうしていられるんではないかと思います。

精通、オナニーを覚え、次はセックスしてみたいと思い始めたまさに矢先でした。

混乱した状態の頭の中で、母に抵抗しなかったのは、その辺りもありました。

男性なら皆様、理解してもらえるかもと少し期待して書きますが、正直、セックスさせてもらえるなら誰でもといった感じでした。

だから母から逆レイプ状態にされたにもかかわらず、翌日俺から誘って、後はそのまま泥沼へとはまったんだと思います。

罪悪感はありませんでした。

ただ快楽を貪ってました。

母も同じでした。

もっとこうしなさいとか、ああしてほしいとか、俺に色々教えてきて、母を気持ち良く出来るようになると、母は俺を誉めてくれて、それがなんとも嬉しかったんです。

でも高校生になると、このままでいいのだろうかの疑問も持ち始めました。

だから彼女を作りました。

卒業したら母と少し距離を置いてみようと考え、会社の寮に入りました。

会社は家から車で一時間かからないくらい、家から通勤しようと思えば出来ないわけではありません。

自立したかったのと同時に、母との距離を少し置き、考える間を作りたかったんです。

でも距離を置いたつもりでも、休みの前には帰宅して、母の身体を貪ってしまいます。

時々、休みの前でなくても帰って、やってしまったりもします。

今でも彼女とするより、圧倒的に母とする回数の方が多いです。

彼女と休みが合わないことが多いという原因もありますが。

家に帰れば確実に母がいて、セックスが出来るという環境からは、抜け出せそうもありません。

母はやや勝ち気で、負けず嫌いなとこがあります。

口うるさいとこもあるし、ちょっと性格はきつめかも。

その母が俺と絡み合い、よがる姿を見てると、得体の知れない快感を覚えるようになった俺を最近自覚しています。

POSTED COMMENT

  1. エッチな名無しさん says:

    子供がイケメンだったら欲情するものなの?教えてエロいママさん

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。