Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
中出し

【体験談】日本に嫁いだマレーシア人、旦那の連れ子とヤリまくり

連れ子と交わる外国人義母

久しぶりに帰省した際、父親から再婚したことを知らされた投稿者。会ってみると若い外国人じょせいではないか。新しい母は外国人、しかしイイ尻してやがる・・・・
マレーシアの女性
去年の正月、実家に帰ったら家に東南アジア系の女がいた。

親父に「再婚した リアさんだ。」と言われポカンとしてると、「今お腹に、、子供がいる」と言いにくそうに小さい声で・・・

服で分からなかったけど、言われて見たら結構腹はデカイ。

こんな綺麗な外国人女をどうやって口説いたのか気になり、質問責め。

どこで知り合ったんだよ→えぇ、飲み屋で

いつ再婚したんだよ→3ヶ月前に

結構腹デカイじゃんか→あぁ、すぐ気付かなかった

てかホントに親父の子なのか→多分・・・間違いないと思う

なんでそう言えるんだよ→あ、んだって・・・

着けなかったの?→ん、、あぁ

でも分かんないっしょ→そうゆう時期に・・・

はぁ?→・・・中に出した、何発も。

ようは計画的に排卵日に中出しして子作りしたから自分の子供で間違いないんだとのこと。

その時は居づらくなってしまい、とっとと実家を後にした。

今年は正月、実家には帰らず連絡もしなかったが、2月に「入院した」と連絡がきた。

さすがにまずいので実家に帰ると、車に轢かれて足を骨折していた。

軽くなさそうで、しばらく入院するとのこと。

病院を出て親父の嫁とちっさい子供と実家に帰った。

嫁が何か言いたそうにこっちを見るが目が合っても会話が続かず。

でも視線は凄く感じる。

なんだろ、国民性の違いか。

話すこともないんで、夕飯食って風呂入って客間に布団を敷いて寝ることになったが、なんとなく嫁が気になった。

嫁はマレーシア人らしく、外国女特有のデカ尻でムッチリ体型。

正直堪らない。

というか、若干ムラムラしていて、夜這い・・じゃないけどちょっと寝室を覗きに行った。

姿見の鏡の前で何かやってる後姿が見える。

ストレッチでもしてるのかと思ったら足を開いて、アソコを指でいじってた。

それを鏡越しで見ている、という不思議な自慰。

でも気持ち良いのか、「んっ・・んん、んっ」と喘いでる。

ずかずかと部屋に入っていくと驚いて股を閉じて固まってたが、頬にチュっとキスをして、手で股を開いて無言で割れ目を舐めた。

割れ目を舐めると嫁さんの反応は更に良くなり、喘ぐ声も大きくなっていった。

ぬめっとした汁が舐めると奥からどんどん出てくる。

初めての味で、若干甘い?

もう身体の力も入らず、受け身体勢になった嫁さんに、ベッドに上がるようジェスチャーして俺もズボンを脱いだ。

既にギンギンに勃起している俺のチンポを咥えさせると、抵抗はなくジュボジュボとしゃぶってくれた。

でもすぐに入れたくなってしまい、俺はチンポを嫁さんのマンコにあてがい生で挿入をした。

この人とヤりたくて妄想していたわけでもないのに、すごく興奮して腰を振った。

感度は抜群で、嫁さんは声を上げて一心不乱に狂っていた。

自然とキスをして腕を首に回されて、足も俺の胴にまきつき、完全にホールドされた。

その、究極に密着した状態でチンコを締め付けられ、包まれながら果てた。

ぐったりした嫁さんから離れたら、お互いのアソコはグチョグチョだった。

ヌポっと抜けたあと、トロトロと精液が漏れてきた。

嫁さんはおっぱいを掴みながら未だ快感に浸ってるようで、イったばっかだけど、その姿に欲情してしまった。

そしてそのまま2回戦が始まり、嫁さんの中に連続中出しを果たしてしまった。

親父の入院を盾に会社を2週間休んだけど、本当の理由は親父の見舞いじゃない。

完全に俺は嫁さんにハマってしまった。

それを察したのか、俺は嫁さんの支配下におかれ、子供の世話やら風呂掃除、「これやって、あれやって」と言われるがまま。

けれど夜の主導権はこっちに委ねられ、初日から毎晩、交わった。

10日目は夜ベッドの段階で「ダメ、ダメよ babyの日よ」と言われたが、昨日まで連日ヤってて今日控えたって意味ないだろ、と抑えられないオスを剥き出しに押し倒した。

結局2週間、一日も欠かすことなく。

翌月に入って1週間休みを取って実家に帰った。

もちろんまだ入院中。

「親父とsexした?」と聞いたら病院で1回した、と答えた。

1週間、また支配下に置かれながら夜は嫁さんのカラダを味わった。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA