Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
フェラチオ

【体験談】万引き主婦、口止め料として犬と異種交配させられる

万引き主婦の厄災

投稿者がホームセンターでペット用品の買い出しをしていた時、偶然に主婦の万引きを目撃してしまう。観られたことに気づいた主婦は、必死に許しを乞うも・・・・
謝る主婦
俺はオスのシベリアンハスキー飼っていた。

ちゃんとプロと一緒に躾してとても良い奴だった。

月に1度はトリミングしカットしマンションのベランダに物置作り寝起きする様にし、俺が居る時はいつも部屋で俺の横に居た。

グレーの目が澄んで時には鋭く時には優しくいつも俺を見てた。

名前はハイジ、単純に目が灰色だからだ。

休日、散歩兼ねてホームセンターに行きハイジの首輪と餌捜してる途中だった。

店の買い物籠とは別にバックを持って化粧品を物色してたおばさんが、バックの中に品物入れたのを偶然見てしまった。

万引きだ!知らん顔しようとしたが目が合ってしまい、知らないおばさんだったが、気まずくその場立ち去った。

部屋に帰ると夕方インターホンが鳴り、出ると昼間のおばさんがお菓子持って立っていた。

いつも俺がハイジ連れてるの見てたと言う。同じマンションの奥さんだった。

俺には関係ないから貰えないと押し問答。おばさんは、誰かに見られるからと玄関に押入って土下座!

びっくりしたが、お茶入れなんとなく世間話になった。ハイジもあまり人が来ないから警戒してたが、帰る時は尻尾振ってお見送り。

何度も何度も「秘密に御願いします」と言って帰った。

それから何度かハイジに土産持ってたずねてくる様になり、ハイジもおばさんにじゃれる様になった。

歳は43だという奥さんは、適当にハイジの相手をしながら近所の事や旦那の愚痴こぼし帰る時は必ず「内密に」を繰り返してた。

よっぽど心配らしい。

そのうちハイジに異変が起きた。

奥さんにじゃれて後ろから負いかぶさり、腰を振りだしたのだ。

ハイジの股間から唐辛子の先のようなチンコが頭出していた。

するとおばさんは、「こんなおばさんに発情するなんて悪い子ね」ってハイジの股間摩りだした。

たちまちハイジの大砲がニョキニョキと伸び我慢汁が滴り落ちた。

絶対俺の物より大きい。

ハイジは子猫のように尻尾を巻き奥さんに擦寄り甘えている。

そのまま世間話していつものように「内密に」と言って帰った

が俺がハイジだったら「ほったらがしかよ!」って悶々とするだろう。

奥さんは俺が誘うの待ってるんだろうとは思ってたが、ハイジの頭撫でながらグレーの情け無さそうな目を見てるうち、俺の中に悪魔が宿った。

平日会社休み、奥さんを呼び出した。

ハイジがなついて行く股間はもうビンビンだ。

「この子、奥さんに悪さされて毎日ビンビンにして目覚めたようで夜もうるさく大変なんだよね。どうにかしてくれない?」と切り出した。

「どうにかって・・・」

「一度犬が女とやってるの見てみたいんだけど」

奥さんは顔色変え泣きそうな目で見つめてた。

駄目かやっぱりと思い「そうだよね、まともじゃないよね。良いよ別に」って言ったら、「いつかはあなたに関係を求められると思って覚悟してましたが、まさか犬が相手とは・・・この子相手にしたら、本当に忘れてくれますか?」って涙目で言ってきた。

引っ込みが付かなくなって「いいよ」と言って見てたら、おばさんはハイジの頭を撫でながら震える片手でもう充分大きくなってるチンコしごきだした。

ハイジは本能なのか気持ち良いのか、応える様に小刻みに腰を振っていた。

もともとS気のある俺だから泣きながらしごいてる奥さんに「今度は咥えな」と、ハイジの下にもぐりこむ様に催促する。

躊躇してたが目を瞑ると、思い切ったように咥えてしまった。

口の隙間からは唾液かハイジの我慢汁かなにかは判らないが、粘りのある液体が
とめどなく流れ出し、ハイジは根元の玉までむき出しにしていた。

その内ハイジの腰が痙攣みたいに激しく小刻みに何度も震えると、奥さんが咳き込み。

そして、ごぼごぼと口から白い液体を多量に吐き出しながら口からペニスを抜こうと藻掻いている。

そして口元からペニスが離れた瞬間、顔に残りの精液が容赦なくぶちまけられた。

びっくりするより羨ましい位の大量の精子だった。

「あーっ!あーっ!」と絶叫しながら犬の子種を顔面に受けるおばさん。

同時に部屋が一気に獣臭くなり、奥さんはあまりに異常な経験に呆然としながらも、顔は犬の精子と涎と涙でベトベトのまま膝から崩れ落ちた。

ハイジは優しく奥さんの顔舐めてた。

本番までヤラそうと思ったが、泣いて許し請うので「じゃ次回必ずだぞ」と開放してやったが、それ以来ウチには来なくなった。

やはり本番は見たかったな。一気にやってしまえば良かったと少し未練が残る。

COMMENT

Your email address will not be published.