Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
巨根

【体験談】極太チンポで不倫堕ち「おまんこの型変わっちゃう!」

極太チンポに夢中

旦那と子供に隠れ、イケメンおじさんに股を開くアラサーの人妻投稿者。口にも収まりきらない極太巨チンをおまんこに無理やり捻じ込まれ・・・・

私は首都圏在住の女です。

年齢は30代半ば、161/60、見た目は身体が水樹たま(3サイズがほぼ同)

顔は飯島直子とか瀬戸朝香とか言われる 一児ありの人妻。

相手は首都圏在住、正統派ダンディイケメン、高身長(180超)、某一部上場会社のお偉いさん。

一目でものすごく気に入られた。

会う前に年齢は教えてもらえなかったが、会ってから聞いたら、私よりも一回り以上上だった。

写メは昔のだとすぐに分かったけど、すごく素敵な人で、ドストライクだった。

帰ろうとしたら、ホテルに連れ込まれた。

そんなつもりではなかったが、あまりのイケメンぷりにOKしてしまった。

「太すぎっ、壊れちゃうっ」

あまりの太チンにびっくり…ギチギチっ入れられた瞬間、内臓がエグられそうな感覚に陥る。

彼の形状をイメージすると“ミル貝の水管”みたい…すごく太くて黒くて、ある意味グロ(苦笑)。

仮性じゃないので、先細りではなく、先までギッシリ詰まっているような感じ。

アソコに入れる前に、いつもお口でしてあげるけど、口に含んでも全てが収まらず、喉奥までギリギリ頑張っても入らない。

そんなアレを、ヘアレスな私のアソコに当てがい、割れ目で何度か擦ってから一気に捻じ込んで来ると、お腹の方までズンズン響いてフェラをしている時のように、アソコが物凄い苦しい。

「じりじりして痛いよ」

すごく太くて硬いから、ちょっと動くだけでも、内臓が掻き回されてるような錯覚に陥る。

入れてからすぐは私が苦しがるから動かないで居てくれるけど、私の呼吸が少し整い落ち着こうものなら、超速の正常位で突かれる。

「ぎもぢいい、もっと突いて〜」

いつも、私は喘ぎ声を我慢してあまり声を出さないようにしているけど、彼に突かれると、口を押さえても必ず声が漏れ出てしまう。

ただ突かれてるのではなくて、わざと子宮の入り口を狙ってるような、執拗な腰つきで、私の声を楽しんでるフシがある。

途中から、必ず腕を押さえつけられて、腰を振ったまま激しくディープキス。

呼吸もままならない位、激しく舌を絡めて吸ってくるので私もそれに応じると、どんどんアレが硬くなって、再び私のアソコの中を押し広げ、音こそしないけど、メリメリと無理矢理広げるような乱暴な感じに。

「で、でっちゃう。お願い、、見ないで〜〜」

松葉崩しに体勢を変えると、すぐにジャージャー潮を吹き、その後急にググッと締まってきて「あっあっ、イクッイクゥッッ…」と言ってる間にイッてしまう。

「気持ちいい、この極太チンポっ」

バックに体勢を変えると、何故かいつもお尻を叩かれる。

よくわからないけど、叩く度に私のアソコがググッと締まってくるんだとか。

あとは女性上位の後背位で、ゆっくり私が動く。

先だけ3回位抜き差ししてから根元まで深く入れると出そうになるみたいで、時々待ったをかけられるw

フィニッシュはディープキスをしながらの正常位が多く、手首を握り押さえつけてくるので、彼に征服されてる感が半端ない状態。

そして、彼も私も果てる。

彼のアレが太いせいで、私は出産経験もあるはずなのに、3日間位アソコに異物感がある(モノが挟まってる)ような感じ。

今日は、彼が我慢出来ずに漏らし逝きしてた。

でも、私はいっぱい気持ちよくして貰えたから満足。

「すっかり、極太チンポ専用のまんこになっちゃった。」

セックス後のまったりタイムはすごく優しい。

それからは、月に2回くらいのペースで会ってる。

旦那には時々夜も誘われるけど上手くかわして断ってる。

別にしてもいいけど、中の形が変わっちゃったからバレそうで怖い。

POSTED COMMENT

  1. エッチな名無しさん says:

    女を卒業できない糞母が多いこと多いこと

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA