処女 童貞

【体験談】イチャラブ!大好きな彼に処女を捧げました

私のバージン喪失

付き合って5日目で彼に処女を奪われた現役学生の投稿者。何度もイカされ処女膜をおっきいオチンチンに貫かれる・・・・

処女喪失

忘れられないのは、今の彼に私が処女を奪われた日のSEXです。

その日は私と彼が付き合って5日目でした。

彼と最初の夜デートにドライブしにいき、港の駐車場で話していたとき私に、「いきなりこんな話ゴメンだけど、・・・したことある?」と聞いてきました。

私は驚いて彼の顔を見ると、ハンドルにもたれて私の顔を覗きこんでいました。

私は唐突な質問に黙りこんでしまいました。

彼は私の頭を軽く撫でながら、「ゴメンゴメン、分かった」と言いました。

「じゃあ、お前の初めての相手は俺でもいいかな・・・?」と言いました。

その声は優しくいつもより低いトーンでやけにセクシーに聞こえました。

私はこの時、心の中で初めての不安と、好きな人と体も結ばれる嬉しさの葛藤で、微妙な顔をしていたと思います。

彼は「初めてはどこがいい?」と聞いてきました。

「(彼の)部屋がいい」

恥ずかしくて車から降りようかと思ったくらいです。

今思えば、処女の頃ってちょっとしたことにも馬鹿みたいに反応しちゃって、自分ながらアホだと思います。

結局その日は何もなかったのですが、今度会ったとき挑戦してみるという約束をして終わりました。

それから4日後、彼が名古屋に買い物にいくからついてきてほしいと言うので、昼から名古屋に買い物に行ってきました。

買い物を済ませると既に夕方になって、夕食を済ませて地元に帰ることにしました。

信号待ちの時に、彼が今からどうする?と聞いてきました。

私は先日の約束を思い出し、ドキッとしました。

彼は「俺んち、来る?」と聞いてきたので、私はうつ向いたまま頷きました。

「じゃ、決定ー」と言うと、彼は車を走らせました。

彼の家に着いたのは21時頃でした。

彼の家に入ったことは2回目でしたがかなり緊張していたと思います。

彼は最近新しいワインを買ったんだと言うと、台所からワインボトルとグラスを2つもってきてテーブルの上に置きました。

私はワインを飲んだことがなく、興味深々でした。

今思えば彼の作戦だったのかなと思いますが、その時はただワインの味が気になって仕方がありませんでした。

彼は私の左横に座り、私の目の前のグラスに半分くらいワインを注ぎました。

「匂い嗅いでみて」と言うので、嗅いでみると、イメージしていたワインの匂いとちょっと違ったので、更にワインに興味がわきました。

「何に乾杯しようか?」

「部屋に2回訪問した記念?」と笑いあって二人でグラスを軽く合わせて、「二人のおつきあい」に乾杯しました。

私は少し口にふくむと、「・・・!!」

びっくりしました。

「シブッ!」と言うと、彼は笑いながら「まだ子どもだな」とニヤッとしました。

それから他愛もない話をしながらワインを二人で1本飲んでしまいました。

彼はお酒に強いので全然酔ってない様子でした。

しかし私は段々ボーッとしてきて、彼の止めるのも聞かずグラスに注いであった残りをイッキに飲みほしました。

彼は笑いながら「あーあー、お前そんなに飲むと酒グセ悪くなるぞ」と言うので、「酒グセ悪くなったら捨ててもいーよぉー」と言うと、彼は私の腕を引っ張り、「捨てねーよ」と言いました。

私は彼の言葉にドキドキして、彼の胸に顔をうずめました。

「捨てない。ずっとそばにいて・・。」と彼が私の耳元で囁きました。

私は静かに彼の胸の中で頷きました。

彼は私の耳の上に唇をあて、ゆっくりと私によく聞こえるように音をたてて、チュッ・・チュッ・・とキスをしてきました。

私の身体が今まで以上に熱くなり、自然に私の腕は彼の背中に手をまわしていました。

彼は私の顔を両手で柔らかく包みこみ、私の前髪をあげて頭を優しく撫で、あと数センチのところでキスしてしまいそうな距離に顔が近付いていました。

彼が私の腰に片手をまわし、グイッ・・と引き寄せました。

そしてゆっくりと私達はつきあってから2回目のキスをしました。

彼は私の腰から足に手をやり、私の両足を彼の足の付け根にひっかけました。

私は生地の柔らかいスカートをはいていたので、足を広げたら下着越しに私のあそこが彼のモノが大きく固くなっているのを感じました。

それを感じてカラダの芯が溶けそうなくらい気持良くてやらしくなってきました。

上では力が抜かれた舌を柔らかく絡ませ、下では彼が腰をさらにグイグイ引き寄せ、私のあそこと彼のモノが下着と洋服越しに擦りあわさっていました。

彼のアソコがあたる度になんとも言えぬ快感が襲ってきました。

(こんな気持ち初めて・・)

ハァハァ・・とお互いの息があがってきました。

更に追い討ちをかけるように彼は私の服の背中に手を入れ、背中をまさぐりながら熱い掌で撫で回しました。

彼の大きい手で触られると、それだけで気持ち良く、凄く幸せでした。

ネットリ柔らかく絡ませていた舌を一度離し、軽く唇を合わせた後、彼は「約束を果たそうか」と言いました。

私が「ん・・でも、コワイ・・」と言うと、彼は「俺が居るから、怖くないよ。ゆっくり時間かけて慣れていこ。」と言ってくれました。

私は静かに頷きました。

背中わまさぐっていた手はブラのホックを外し、ブラの下から胸を持ち上げるように揉み始めました。

彼におっぱいを揉まれている・・・そう思うと恥ずかしくておかしくなりそうでした。

私は顔が物凄く熱くなっているのを感じました。

彼の顔を見て、目をつむると、唇と唇がまた合わさり、舌と舌の絡み合いが更に激しくなりました。

ピチャピチャと音をたてる舌の絡ませあいと、胸を揉まれる快感、下着越しに伝わる彼の熱くてかたい大きいモノが下半身をトロけさせ、全身が快感におぼれていました。

彼は私をすぐ近くにあったベッドに抱きかかえて運び、私の上に覆い被さりました。

私の服を上から1枚2枚と脱がせ、上はホックの外れたブラだけになりました。

スカートを脱がせられ、全身を舐めるように見られていました。

ワインのせいか愛撫のせいか、余計に視線だけで快感を感じました。

「お前だけ脱がせたら不公平だよな」と彼も服を脱ぎ始めました。

大きな体に力強い腕・・・私が顔をうずめたあの胸が凄くかっこよく見えました。

「電気消さないでおく?」と聞かれ、恥ずかしかったので、「お願い・・消して。」と言うと、「分かった。」と灯りを消しました。

さっきを思い返すかのように彼の愛撫が再び始まりました。

ブラをとり、そのすぐ後に、彼が唾液のたっぷりついた舌の真ん中で乳首を舐め始めました。

彼の舐め方が凄く上手で優しくて、いっぱい感じてしまいました。

感じやすくなって、私は「あんっ・・」と声がでて、足がピクッとしてしまいました。

「感じやすいんだね・・もっと俺に感じて・・」

彼はそう言うと、また舐めながら、もう片方の乳首を指で弾き始めました。

(それはダメ。乳首はダメなの。。)

私は、声を必死に堪えていたつもりが自然に「んァッ・・あっ・・」と声が出てしまいました。

声が更に激しく自分自身をかきたて、自然に足が開いて彼の体を軽く挟みました。

彼の愛撫は止むことなく、乳首を舐めながら弾いていた手をあそこにあてて、指の腹で下着の上からなぞり始めました。

私は自分のあそこに下着越しに指をあてられた瞬間、自分がグチョグチョに濡れているのを感じ、すごく恥ずかしくなりました。

男の人に愛撫されるのがこれほど気持ち良いものだと初めて知りました。

いつもしているオナニーの何十倍も気持ち良かった・・・。

「もしかして私・・」と言うと、彼は「もうお前のアソコ、グチュグチュだよ・・・」と耳元で囁きました。

その瞬間、全身の力が抜けていきました。

「お前のグチュグチュなアソコ見せて・・・」

彼の言葉に素直に従って更に快感が欲しいと思ったのです。

彼が、私のアソコから溢れたトロトロな液を指に付け、私に見せ、指を離すと液が糸をひいていました。

彼は私の目の前でその液を舐め、再びアソコをいじり始めました。

急に気持良くなるのが襲ってきて「あっ、アッ・・ヤッ・・んっ!」と声がもれてしまいました。

更に激しくなる愛撫が私の全身を硬直させ、背中がそり乳首の先まで快感で刺激され、私は手でベッドの布団を握りしめました。

ヌチャヌチャと音が響き、彼のハァハァという息遣いとが混ざりあい、アソコにギュッと力がはいり「あんッ…!!」と、初めてイッてしまいました。

「イッちゃったの?まだイクには早いよ。」と言うと、荒々しい私の息遣いを塞ぐように唇を重ね優しく柔らかく舌を絡ませながらキスをしました。

彼は、タンスのなかからゴムを取り出して、「これがコンドーム、お前まだ学生だからこれ使わないとな」と言うと、私の目の届く所で反り返ってビンビンになっているものにゴムをはめました。

再び彼が私の上に覆いかぶさると私の腰を持ちあげ「痛いかもしれないけど、痛かったらすぐ言えよ。」といい、穴にあてがいました。

(これからあんなに大きいのが私の中に入ってくる・・)

私は頷き彼のモノが入ってくるのを待ちました。

彼の腰が動いたのが見え、その瞬間ギチギチッと無理矢理中に入ってくる感じがしました。

(痛い・・無理こんなにセックスって痛いものなの・・)

正直スゴク痛くて無理だと思った。でも彼を受け入れたい一心で我慢した。

「痛いか?」と彼が聞いてきたけど痛いと言ったらきっとここまでになっちゃうと思い、ぐっと我慢し首を横に振ると、私の体をギュッと抱きしめ、「我慢すんな。お前の痛いの伝わってくる」と言った。

「無理するな。また違う日にだって出来るんだから。」と言ってくれましたが、「ここまできたのに!」と思い、首を横に振り彼の腰を強引に引き寄せました。

彼が驚き「ちょっと待て!」と言いました。

私は彼の顔を見つめ「欲しいの痛くてもいいの・・お願い挿れて・・」と言いました。

彼は「分かった。お前の初めてを嫌な思い出にさせたくないんだ。」と言いました。

彼は姿勢を整えると再び私の上に覆いかぶさり、唇を重ね、優しくゆっくりと挿れ始めました。

不思議と痛みは快感に変わりました。

「全部俺の入ったよ。」と彼が教えてくれました。

私は何とも言えない嬉しさで、涙が溢れました。

彼が私の体を抱き寄せ、体をおこしました。

お互いが座って挿入している体位になりました。

彼は「お前の好きなように動いてごらん」と言いました。

私は彼の肩に手をかけ、彼は私の腰を持ち、舌と舌を絡ませあいながら私はゆっくり腰を動かし始めました。

前後に、円を描くように、上下に出し入れのピストンもしてみました。

彼は腰にあてた手をオシリにずらし動きを手伝ってくれました。

絡ませていた舌を離し、「そうそう、上手だよ。もっと奥まで入れてこらん。」という彼の言葉に感じ、息を荒くした二人は互いを抱きしめあいながら、腰を動かしあいました。

「きもちいよ・・上手だよ」

下手な動きを褒めてくれる彼にたまらなく愛しさを感じました。

「じゃあ、お前が頑張ったから、俺も頑張っちゃおうかな。」と言い、挿入したまま私を四んばいにさせ「これはバックって言うんだよ。俺がお前を後ろから突いてやるよ。」と言いました。

私は何が起こるのか分からない状況で枕を眺めていました。

彼は私の腰をつかみ「動くよ。」と言い出し入れし始めました。

彼のモノと膣の中が擦りあって犯されているという感じがして、変に気持良くなってきました。

「あっ・・やっ・・ダメッ・・これ・・きもちぃッ!アッアッ・・んっハァ・・」

この時から私の大好きな体位がバックになったのかなって思います。

アソコと彼のモノが擦りあって、くちゅくちゅいい始めました。

彼の動きも段々早くなり、パンパンパン・・・という音が聞こえてきました。

「何これ、気持ち良いぃ〜」

彼は私のアソコにつきたてるように突いて突いて・・・ズンズンと体の中に振動が伝わってくるかのようでした。

彼が突然「イキそう」と言いました。

一度抜き、私を仰向けにさせ「お前の中でイッていい?」と聞かれ、コクッと頷くと、再び膣にモノをあてがわれゆっくりとお互いを感じあうように包みこんでいきました。

彼が腰をリズムよく動かし始めました。

くちゃくちゃと音をたてて彼のモノを膣がくわえ込み、最高の快感が私に襲いかかってきました。

気持良くなり膣に力がこもりしめつけると、「そんなしめつけられたら・・すぐイッちゃう!」と息絶えだえに彼が突きながら言いました。

私も息を荒くしながら「イッて!中でイッて!んっ・・んっんぁ・・いっぱい・・いっぱいちょうだいっ!」と声をあげていました。

彼が腰を勢いよく動かし、私はぎゅっと突かれるたびに膣に力をいれ、締めました。

「あっ・・イクイクイク・・あっっあっ」と気持良さそうな彼の喘ぎ声に私までが感じて「んっんっ・・あぅ!んッ!」と声を出してしまいました。

彼が「あッ、イクイクイク・・・・・ッ!」と言った直後、私も息が一瞬出来ず頭にズンッと衝撃が走りました。

その後彼は私の胸に倒れこみ「はぁはぁ・・やべぇ・・お前の中・・気持良過ぎ・・・」と言い息をきらしていました。

コンドームをとり彼が精液を見せてくれました。

「オチンチンからこんなに精子出るんだ・・」

コンドームの先の突起の部分より2センチ程上まで溜っていました。

彼がティッシュで私のアソコを拭いてくれました。

その後、彼と朝まで彼の部屋で寝ることにしました。

彼は腕枕をしてくれたのですが、翌朝起きたら枕から頭がはずれてました。

朝目が覚めると彼の脇腹が目の前にありました。

急に恥ずかしくなって反対側をむくと膣がズキズキ痛みました。

穴があいたような感じがしました。

暫くたつと、彼の目覚ましが鳴りました。

彼は目をさましてアラームをとめ「んん・・」と言いながら私を後ろから抱き締めてきました。

肌と肌の触れあいが気持良く感じました。

「後ろから挿れちゃうよ」と言われ、「ちょっ!待って!」と振り返ると、彼は「お前のこと大事にする。誰にも渡さない。」と言いながら強く抱き締め、唇を重ね、笑い合いました。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。